ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『バイロケーション』水川あさみインタビュー

2つの人格を演じ分けた、女優として“チャレンジ”の作品

『バイロケーション』水川あさみインタビュー
ふたつの人格の演じ分けは難しかった

第17回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した法条遥のデビュー作「バイロケーション」が、角川ホラー文庫20周年記念作品として映画化された。メガホンを執るのは『リアル鬼ごっこ』シリーズで注目を集める若手女流監督の安里麻里。

世界中で実在報告されている怪奇現象“バイロケーション”を題材に、自分と全く同じ姿形・個性を持った“もうひとりの自分”(バイロケーション)が自分の人生に侵食してくる恐怖を描き出している。また、まったく印象の異なる別エンディングバージョンを「表バージョン」「裏バージョン」として同時期に公開させることも話題となっている。

突如現れる“もうひとりの自分”(バイロケーション)に遭遇し、命を狙われるという困難な役どころに挑戦した水川あさみに、女優としての思い、2つの人格を演じ分けた苦労について聞いた。


水川あさみ
──この映画では2つの人格を演じることになるわけですが、その演じ分けはどうでしたか?

水川:演じ分けると言っても、まったく異なる人物を演じるというわけではないんです。バイロケーションという現象は、相反する感情によってもうひとりの自分が発生することなので、両者の演じ方にそれほど差異はないんです。ですから、その辺の微妙な演じ分けは難しかったです。両方の役を同時進行で撮影していたので、スタッフも監督もみんな混乱していましたね。「次は何だっけ?」みたいな感じでみんなで確認しあいながらやっていました。

──本作では、仕事に生きる人生と結婚して幸せになる人生、ふたつの生き方が描かれていますが、水川さんならどちらの生き方を選択すると思いますか?

水川:どうなんですかね。はっきりとは分からないですが、仕事をやめてもいいと思うくらい一緒にいたいなと思う人がいれば、その人を選ぶかもしれないですけど。それはそのときの状況次第ですね。

水川あさみ
──この映画は、クライマックスが別内容となっている「表バージョン」と「裏バージョン」が両方公開されますが、こういう気分の人はこちらのバージョンがいいよとか、水川さんのおすすめはありますか?

水川:この映画は前半こそホラーっぽい物語となっていますが、後半は主人公の女性がどういう選択をし、どういう気持ちで生きたかという違いを2つのバージョンに分けて見せているんです。女の人は「表バージョン」が好きだと言いますし、男の人は「裏バージョン」が好きだという意見を聞きます。わたしもどちらかというと「表バージョン」が好きです。とはいえ「表バージョン」は、なんとなくもやもやした感じで終わるというか、そういう余韻を楽しんでもらいたい気持ちがあります。でもしっかりした形を求めるのであれば「裏バージョン」を見た方がいいのかなとは思います。ぜひ2つのバージョンをを見比べていただきたいですね。

──水川さん自身は心霊現象に遭遇したことはあるんですか?

水川:それはよく聞かれるんですが、まったくないんですよね。今まで一度もないです。

──それでは信じない?

水川:いえ、信じないことはないですよ。信じているんですけど、わたしの身には何も起きなくて。そんな怖くないことなら経験してみたいなと思います。

(2014/01/16)


【関連記事】



水川あさみ
みずかわ・あさみ

1983年7月24日生まれ、大阪府出身。デビュー作は97年の映画『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』。その後も映画『渋谷怪談』(03年)、『深紅』『殴者』(共に05年)、『西遊記』(07年)、『カメレオン』(08年)、『今度は愛妻家』(10年)などの話題作に出演。テレビドラマでも『ラスト・フレンズ』『33分探偵』『夢をかなえるゾウ』(08年)、『のだめカンタービレ』(06年、08年)などに出演。11年にはNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で重要な役どころを魅力的に演じ、さらに13年には『シェアハウスの恋人たち』でゴールデン枠の主演をつとめた。また、「激動-GEKIDO-」(13年)で舞台初主演を果たした。

2014年1月18日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開
[監督・脚本]安里麻里 [原作]法条遥 [出演]水川あさみ、千賀健永、高田翔 [DATA]角川書店

(C) 2014「バイロケーション」製作委員会

MOVIE Collection