ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜』リン・チーリン インタビュー

22年の歳月を経て蘇った名作へ込めた思いとは?

『101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜』リン・チーリン インタビュー
ヒロインとは仕事や価値観、ライフスタイルなど、似ている部分は多いと思います

1991年にフジテレビ系で放送され、最高視聴率36.7%を記録した大ヒットドラマを、日中合作映画としてリメイクした『101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜』。今年2月に中国全土で公開されると、観客動員660万人、興行収入30億円を記録するなど大きな反響を得た。そして10月、満を持して日本で公開を迎える。

劇中で、ヒロインのチェロ奏者イエ・シュンを演じたのが、台湾を代表するモデルで女優のリン・チーリンだ。オリジナル版の大ファンで、本作に出演できたことを「光栄です」と日本語で語っていたリンに、作品に込めた思いや、自らの恋愛観などを語ってもらった。


リン・チーリン
──オファーを受けた時、即決したとお聞きしました。リンさんが演じたイエ・シュンは、日本版で浅野温子さん演じた矢吹薫からインスパイアされた役ですが、どのように捉えて演じたのでしょうか?

リン:愛に対する価値観、勇気を持って物事に向かうこと、そして愛があればすべては克服できるという考え、そして信念をもって行動すること……そういった性格を持っている女性だと思いました。

──イエ・シュンとリンさんは似ていますか?

リン:仕事や価値観、ライフスタイルなど、似ている部分は多いと思いますし、彼女を演じることによって、私自身も多くのことを学びました。

──リンさん自身が日常の生活のなかで、心がけていることはありますか?

リン:自分の命に対する情熱を絶対諦めないことです。何かにぶつかることもありますが、そういったことも全部含めて、神様が私に授けてくださったステージだと思って、情熱を持って生きることですね。

(2013/10/18)


【関連記事】



リン・チーリン
林志玲

1974年11月29日生まれ。台湾出身。10代からモデルとして活動し「台湾一有名なモデル」としてCMや雑誌等で活躍。その後、女優業へも進出し、ジョン・ウー監督の映画『レッド・クリフ Part1』(08年)でヒロイン小喬を演じスクリーンデビュー。翌09年には続編となる『レッド・クリフ Part2』、10年にはテレビドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』に出演し、日本での知名度を上げた。

2013年10月19日より全国公開
[監督]レスト・チェン [脚本]ジャン・ウェイ [出演]リン・チーリン、ホアン・ボー、武田鉄矢 [原題]101次求婚 [DATA]2012年/日本、中国/ポニーキャニオン/104分

(C) 2012 NCM FUJI VRPA HAM

MOVIE Collection