ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『トゥ・ザ・ワンダー』オルガ・キュリレンコ インタビュー

“ボンドガール”が語る愛の苦悩とは?

『トゥ・ザ・ワンダー』オルガ・キュリレンコ インタビュー
テレンス・マリック監督は“その瞬間”の反応を俳優に求めている

40年を超えるキャリアで手がけた作品は6本と大変な寡作ながらも、その才能が高く評価されているテレンス・マリック監督。彼の最新作が、“愛のうつろい”をテーマにした『トゥ・ザ・ワンダー』だ。

フランスのモンサンミッシェルで始まったニールとマリーナとの愛。だが、アメリカへと渡り時が経つなかで情熱は失われ、愛は他へと移っていく。そんな残酷で切ない愛の真実が美しい映像のなかに描き出されていく。

主人公のアメリカ人ニールを演じたのは『アルゴ』(12年)でアカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレック。マリーナを、『007/慰めの報酬』(08年)のボンドガールでブレイクしたオルガ・キュリレンコが演じている。うつろいゆく愛に苦悩するヒロインを演じたキュリレンコに、映画について語ってもらった。


『トゥ・ザ・ワンダー』
(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
──本作は、シナリオのようなものはないというお話ですが、マリーナの役作りなどはどのように行ったのですか?

キュリレンコ:シナリオはなかったわ。私がもらったのは、全てテリー(テレンス・マリック監督)が口頭で伝えたものだけ。彼は俳優一人ひとりと、とても長い時間話をするの。普通とは異なるプロセスね。シナリオはないし、メモを手に「今日はどんな演技をしようか?」なんて考えながら歩き回ったりはしないの。自分の思うがままに演じるだけなの。
 だって私は私という人間で、今の私があるのは、それまでの経験とか人格形成の過程があるからで、決められたシステムに従っているわけじゃない。そうやってキャラクターに接することを、テリーは俳優に求めているのよ。彼がシナリオを与えないのは、事前に用意されたもので俳優に演技してほしくないから。私たちにスポンジみたいに吸収させて、その人物に仕立て上げるの。だから一旦始まると、私がマリーナとしてやることは、全てマリーナの真実だし、私は彼女だから、私がやることは全て正しいのよ。でもそれは自然発生的でリアルだわ。あらかじめ考えて決めたアイディアを、彼は求めてないの。その瞬間の反応を俳優に求めているのよ。計画済みのものではなくてね。

──撮影現場では、キャラクターとして過ごさなければならないのですか?

キュリレンコ:ええ、そうよ。朝、目がさめてからベッドに戻るまでずっとね。場合によっては、眠っている間もマリーナだったりしたわ(笑)。

(2013/08/14)


【関連記事】



オルガ・キュリレンコ
Olga Kurylenko

1979年11月14日生まれ、ウクライナ生まれ。16歳でパリに渡りトップモデルとして活躍。『薬指の標本』(04年)で映画デビュー。『パリ、ジュテーム』(06年)、『マックス・ペイン』(08年)などへの出演を経て、『007/慰めの報酬』(08年)ではボンドガールに抜擢され、ほとんどスタントなしで熱演。その他の出演作は『オブリビオン』(13年)、『セブン・サイコパス』(12年)など。

2013年8月9日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開
[監督・脚本]テレンス・マリック [出演]ベン・アフレック、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデム、タチアナ・チリン、ロミーナ・モンデロ、トニー・オーガンズ [原題]TO THE WONDER [DATA]2012年/アメリカ/ロングライド/112分

(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC

MOVIE Collection