ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『31年目の夫婦げんか』メリル・ストリープ&トミー・リー・ジョーンズ インタビュー

名優同士がすれ違いの倦怠夫婦をユーモラスに好演!

『31年目の夫婦げんか』メリル・ストリープ&トミー・リー・ジョーンズ インタビュー
女性の方が人間関係について考えるのが好きだと思うの(ストリープ)

『31年目の夫婦げんか』は、『プラダを着た悪魔』(06年)のデヴィッド・フランケル監督の最新作だ。子どもも独立、結婚31年目を迎えた夫婦の、一見順調ながらも実は危機に瀕した状態をユーモラスに描き笑いを誘う。

主人公の夫婦を演じるのはトミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープ。いつの間にか夫婦別室となり触れあうこともなくなったことに危機感を抱く妻が、嫌がる夫を夫婦カウンセリングに引っ張り出すことから明かされていく夫婦の姿。

性的なテーマも含め赤裸々な会話も飛び出す本作について、主演のジョーンズとストリープに話を聞いた。


メイキング画像。
メリル・ストリープ(左前)とトミー・リー・ジョーンズ(左奥)
──妻・ケイは夫・アーノルドを夫婦カウンセリングに引っ張り出しますが、なぜケイは長年貯めた貯金をはたいてまでカウンセリングを受けようと思ったのでしょうか?

ストリープ:一般論だけど、女性の方が人間関係について考えるのが好きだと思うの。改善の糸口を考えたりしてね。私も高校時代は学校から帰って来ると女性誌のコラムを夢中で読んでいたわ。夫婦関係の修復に関する記事なんかを。言い分が面白いのよ。元来、女性はそういう話が好きなの。男性が興味を持たない世界ね。だからこの作品でも夫婦がすれ違う。ケイはカウンセリングを受けたい。でもアーノルドは渋る。でもカウンセリングに行くと、予想に反して、彼女は壁にぶつかることになる。逆に夫は展開に期待を寄せるようになるの。
 カウンセリングを受けようと思った理由については、こう思うわ。2人の結婚生活にはしっかりした基盤があるけど、ケイはその暮らしのなかでむなしさを感じているの。彼女は結び付きを求めている。毎日一緒に過ごす夫ともっと関わって愛したかったし、彼にも向き合ってもらい。愛してほしかったのよ。

──そんな妻の思いについて、あなたが演じるアーノルドは、当初、どんな風に考えていたのでしょうか?

ジョーンズ:ケイは結婚生活に満足できず、改善できるものならわらにもすがる思いでいるんだ。そして彼女は書店である本を手にし望みを託すけれど、夫のアーノルドは気乗りがしない。

(2013/08/01)


【関連記事】



メリル・ストリープ
Meryl Streep

1949年6月22日生まれ、ニュージャージー州出身。オスカーノミネート回数は17回(2013年7月現在)と、俳優では最多記録を誇る名女優。『ソフィーの選択』(82年)と『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(11年)でアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。ヴァッサー大学演劇科を卒業後、イェール大学でドラマを学び、舞台俳優としてキャリアをスタート。77年に『ジュリア』で映画デビュー。主な出演作は『ディア・ハンター』(78年)、『恋におちて』(84年)、『愛と哀しみの果て』(85年)、『マディソン郡の橋』(95年)、『めぐりあう時間たち』(02年)、『マンマ・ミーア!』(08年)など。

トミー・リー・ジョーンズ
Tommy Lee Jones

1946年9月15日生まれ、テキサス州出身。ハーバード大学で英文学を学び、後のアメリカ合衆国副大統領となるアル・ゴアとルームメートとなる。69年に「A Patriot for Me」でブロードウェイデビュー。翌70年に『ある愛の詩』で映画デビュー。『逃亡者』(93年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞、『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(05年)でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。主な出演作は『歌え!ロレッタ愛のために』(80年)、『JFK』(91年)、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』(94年)、『メン・イン・ブラック』(97年)、『メン・イン・ブラック2』(02年)、『メン・イン・ブラック3』(12年)、『リンカーン』(12年)、『終戦のエンペラー』(13年)など。

2013年7月26日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次公開
[監督]デヴィッド・フランケル [出演]メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ、スティーヴ・カレル [原題]HOPE SPRINGS [DATA]2012年/アメリカ/ギャガ/100分

(C) 2012 GHS PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

MOVIE Collection