ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』加藤清史郎インタビュー

2年ぶりの乱太郎役では自らアクションもこなし、大活躍!

『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』加藤清史郎インタビュー
同じ乱太郎役をできるのは、すごくうれしく感じました

2011年夏の実写版『忍たま乱太郎』公開から2年、再び乱太郎がスクリーンに帰ってきた。演じるのはもちろん、加藤清史郎。

夏休みを思いっきり遊んで過ごした乱太郎、きり丸、しんべヱの3人が、すっかり忘れていた宿題を片づけるために、手にした者が天下を制するという言い伝えの幻の妖刀の奪還に挑む。

現在小学6年生。身長も伸び、表情や語る言葉にもしっかりした成長がうかがえる清史郎くんに、夏の京都での撮影エピソードや演技の楽しさについて話を聞いた。


加藤清史郎
──2年ぶりに乱太郎を演じられたわけですが、出演のお話が来た時はどんな気持ちでした?

加藤:今回は前回のリメイクでも続編でもない、またほかの『忍たま乱太郎』です。同じ題材っていうのかな? 物語のなかで、同じ乱太郎役をできるっていうのは、すごくうれしく感じました。

──続編というつもりで臨んだのではないんですね?

加藤:そうですね。完璧に続編ではないですね。前回の夏休みが終わって、今回も夏休みなので、続編じゃないです。また別のものです。


──今回は田竜太監督ですが、前回の三池崇史監督の現場とは雰囲気も違いましたか?
加藤清史郎

加藤:やっぱり違いますね。三池監督はとても面白い方で、休みのときも笑わせてくれたりしましたが、田監督はとてもクールな方だなと思いました。今回は、その後にミュージカルの地方公演が控えていて短期間で撮ったので、一緒にいる時間が三池監督のときと比べて短かったこともあるかもしれないです。
 田監督は、『仮面ライダー』シリーズとか、アクションをやっている方なので、アクションシーンを撮るときは、本当にスラスラッと進む感じでした。爆破のシーンとか、すごかったでしょ。あれは上の方にこういう線があって、そこにカメラがぶら下がって、サーッと動かして撮ったりとか……(と身振り手振りをまじえて再現)。

──それを見て、「あ、こうやって撮るんだ」って、新しい発見があったりしましたか?

加藤:ありましたね! アクションも前回よりもまたグレードアップしていて、スタントの方にお願いするんじゃなくて本人でやっているので。「すごいな!」と思いました。乱太郎たちは殺陣(たて)はないんですけど、ほかの俳優さんたちが殺陣をしている間を走るのはすごく楽しかったです。

(2013/07/10)


【関連記事】



加藤清史郎
かとう・せいしろう

2001年8月4日生まれ、神奈川県出身。NHK大河ドラマ「天地人」(09年)の樋口与六役で一躍人気者になり、「任侠ヘルパー」(09年)、「ヤマトナデシコ七変化♥」(10年)、「11人もいる!」(11年)など数多くのドラマやCMに出演。映画出演は『桜田門外ノ変』(10年)、『忍たまらん太郎』(11年)、『愛と誠』(12年)など。「レ・ミゼラブル」(11年、13年)や「エリザベート」(12年)など、舞台でも活躍している。

2013年7月6日より全国公開
[監督]田崎竜太 [原作]尼子騒兵衛 [出演]加藤清史郎、林遼威、神月朱理 [DATA]東映

(C) 2013「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」製作委員会

MOVIE Collection