ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『オズ はじまりの戦い』レイチェル・ワイズ インタビュー

“悪行”を大いに楽しんだ演技派オスカー女優

『オズ はじまりの戦い』レイチェル・ワイズ インタビュー
一番魅力的だったのは“バッドガール”になれるということ

何度も映像化、舞台化され、世界中の人々に魅了し続けるファンタジー小説『オズの魔法使い』シリーズ。原作者のL・フランク・ボームは、主人公オズがどのようにして生まれたのかについて、ハッキリとは物語ってこなかったが、その誕生秘話を描いたのが、ディズニー映画『オズ はじまりの戦い』だ。

偶然、魔法の国に迷い込んだ手品師のオズが、偉大なる魔法使いになっていく過程が美しい映像と共に描かれていく。劇中には3人の魔女が登場、1人は人を巧みに操りエメラルド・シティの守護者を自称する東の魔女エヴァノラ、もう1人はエヴァノラの妹で心優しくだまされやすい西の魔女セオドラ、そしてカドリング族の国を慈悲深く見守る善良な南の魔女のグリンダだ。

レイチェル・ワイズが演じたのは、邪悪な心を持つエヴァノラ。『ナイロビの蜂』(05年)でアカデミー賞助演女優賞を受賞した演技派の彼女に、本作について語ってもらった。


──本作に出演した理由は?
ジャパンプレミアでのレイチェル・ワイズ

ワイズ:一番魅力的だったのは“バッドガール”になれるということ。彼女は悪行を大いに楽しんでいるわ。このキャラクターに私が惹かれたのもその部分だと思うの。それに脚本も気に入ったわ。また、サム・ライミと一緒に仕事ができることにも興奮したわ。サムの演出を受けることはとても楽しかったし、彼は本当に素晴らしい人なの。

──演じたエヴァノラのキャラクターについて教えてください。

ワイズ:エヴァノラは東の魔女で、エヴァノラがこの映画に登場するのは、ちょうどオズがエメラルド・シティにやって来た時期よ。エメラルド・シティには、ある予言があったの。オズの国を救ってくれる魔法使いの出現をみんなは待っていた。そんなときにオズが現れると、ミラ・クニス演じるエヴァノラの妹の西の魔女セオドラは、彼の名前がオズなので、彼こそがその魔法使いだと考えるのよ。でもエヴァノラは確信が持てなかった。彼はペテン師かもしれないと思っていたの。それにエヴァノラには王座を守ろうという意識が強くあった。そこで彼を試すのよ。彼が本当に予言された魔法使いなのかどうかをね。

(2013/03/11)


【関連記事】



レイチェル・ワイズ
Rachel Weisz

1970年3月7日生まれ、イギリスのロンドン出身。ケンブリッジ大学在学中に演技に目覚め、1993年に女優デビュー。テレビ映画などを経て『チェーン・リアクション』(96年)でハリウッド進出。『魅せられて』(96年)で脚光を浴びる。『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』(99年)、『アバウト・ア・ボーイ』(02年)などで人気を集め、『ナイロビの蜂』(05年)でアカデミー賞助演女優賞を受賞。その他の主な出演作は『コンスタンティン』(05年)、『ファウンテン 永遠につづく愛』(06年)、『ドリームハウス』(11年)など。

2013年3月8日より全国公開
[監督]サム・ライミ [出演]ジェームズ・フランコ、ミシェル・ウィリアムズ、レイチェル・ワイズ、ミラ・クニス [原題]OZ THE GREAT AND POWERFUL [DATA]ウォルト・ディズニー
(C) 2012 Disney Enterprises, Inc.

MOVIE Collection