ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ジャンゴ 繋がれざる者』クエンティン・タランティーノ監督インタビュー

人気監督タラちゃんが憧れの西部劇に挑戦!

『ジャンゴ 繋がれざる者』クエンティン・タランティーノ監督インタビュー
ずっと西部劇が好きでほかの映画にも西部劇の要素が入っている

南北戦争勃発前、奴隷制度が残るアメリカの深南部で、妻を奪われた黒人奴隷とドイツ人の賞金稼ぎが繰り広げる壮大な復讐物語を描いた『ジャンゴ 繋がれざる者』。人気監督クエンティン・タランティーノが放つバイオレンスアクションだ。

伝説的作品『パルプ・フィクション』(94年)をはじめ、『キル・ビル』(03年)、『イングロリアス・バスターズ』(09年)といった血みどろエンターテインメントで人々を魅了してきたタランティーノ監督が、初めて手がけた“西部劇”について語った。


パリでのプレミアの模様
ファンの握手に応えるクエンティン・タランティーノ監督
──ずっと西部劇を作りたいと言い続けてきましたが、ようやく夢が叶いましたね。

監督:そうだね。でも、僕にとっては“映画が作れる”ということだけで夢が実現できたということなんだ。ジャンルは関係ない。僕は、いろんなジャンルにトライするのが好きなんだ。戦争映画、ギャング映画、マーシャルアーツ映画。そして今回は西部劇。
 ずっと西部劇が好きで、僕のほかの映画にも西部劇の要素は入っているんだ。もちろん本物の西部劇ができるのは嬉しいよ。とは言いつつも、この作品は、南部を舞台にした本物の西部劇ではないんだけどね。。

──解放される黒人奴隷をジェイミー・フォックスが演じていますが、起用の理由は?

監督:とにかく彼は最高だよ。物語を理解し、文脈を理解し、この映画の歴史的な意義も分かってくれている。彼は、僕のために演じ、映画のために演じ、自分のために演じたけれど、自分の祖先のためにも演じたと思う。祖先ができなかったことをやることになった。これは彼や、彼の周りの人に、そしてすべてのアメリカ人にとって、とても重要な物語なんだ。彼は、そのことを理解した。素晴らしい俳優だし、今回のキャラクターにぴったりの容貌でもあるけれど、彼がカウボーイである側面を忘れてはならない。彼には、カウボーイの資質があるんだ。ジェイミーは馬に乗るのも、カウボーイ姿もよく似合っている。

(2013/03/01)


【関連記事】



クエンティン・タランティーノ
Quentin Tarantino

1963年3月27日生まれ、テネシー州出身。レンタルビデオショップの店員として膨大な映画に触れながら脚本家を目指し、カンヌ国際映画祭にも出品された『レザボア・ドッグス』(91年)で監督・脚本家デビュー。監督2作目となる『パルプ・フィクション』(94年)でカンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞。一気に人気監督となる。その他の主な監督作は『ジャッキー・ブラウン』(97年)、『キル・ビル Vol.1』(03年)、『キル・ビル Vol.2』(04年)、『イングロリアス・バスターズ』(09年)など。

2013年3月1日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開
[監督]クエンティン・タランティーノ [出演]レオナルド・ディカプリオ、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、ケリー・ワシントン、カート・ラッセル、サミュエル・L・ジャクソン [原題]DJANGO UNCHAINED [DATA]2012年/ソニー・ピクチャーズ

MOVIE Collection