ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『その夜の侍』堺雅人&山田孝之インタビュー

堺雅人×山田孝之、壮絶なクライマックスを経て初共演作で戦友に!

『その夜の侍』堺雅人&山田孝之インタビュー
葛藤かどうかも分からない、もごもごしたところがやりたかった(堺)

現在、日本映画界になくてはならない俳優、堺雅人と山田孝之。いずれも稀有な才能とオーラを併せ持つふたりだが、意外なことにこれまで共演作がなかった。魅力的な顔合わせが初めて実現したのが、壮絶なクライマックスの待つ『その夜の侍』だ。

妻をひき逃げ事件で失った喪失感から立ち直れず、やがて出所してきた犯人への復讐計画に没入していく中村(堺)と、中村からの脅迫状に苛立ちを隠せない、ひき逃げ犯の木島(山田)として向かい合うことになったふたり。演技派のふたりをもってして、精神的にも肉体的にも限界に追い詰められたことを伺わせる本作について、厳しい撮影を経て戦友となった堺と山田が振り返った。


堺雅人
──最初に堺さんが画面に登場したとき、堺さんだと全く分からないほどでした。あれは分厚いメガネをしているという他に、何かメイクをされたり、体型を変えられたりしているのでしょうか?

:いや、メガネくらいですね。

──では完全に役柄と同化してああいう感じに?

:普段の僕は、この映画のような感じですよ(笑)。でももし普段とは違うと思ってもらえたのなら、それは作品全体の世界観なんじゃないかな。

──赤堀監督から、「葛藤、ジレンマの極致」で終わらせたいと言われたそうですが。

:そうですね。答えがないということですから、非常におさまりが悪いですよね。だからどうやったらいいのか、正直分からなかったですね。これでいいという答えを見つけた時点で、それはもう違うということだと思うので。葛藤という言葉でおさまりをつけるのも、赤堀さんとしては好きじゃないんじゃないかと思うんです。葛藤かどうかも分からない、もごもごしたところがやりたかったのだと思うので。
 始める前には“弔い”というのがキーワードとしてあったんです。「弔い方を知らなかった男が、弔い始めるまで」というのがあった。でもそれも赤堀さん的にはおさまりがよすぎるキーワードだと思うんです。じゃあどうしよう、ああしようって、監督の指示を聞きながら、なんとかそこに近づけようと。それだけですね。僕の場合、毎回、その場の受注に従って商品を作っているような感じで。でも今回は受注内容を把握するまでが大変だった。何すりゃいいんだろうみたいな(笑)。

──山田さんは木島を演じる上でバックボーンを考えたり、監督とお話しは。
山田孝之

山田:バックボーンに関しては、毎回考えますけど、監督とは話してないですね。その人の言動で、なぜこの人はこういうことを言って、こういうことをしたんだろうとか考えて、そのときどきで納得してやってるんですけど、でもそれをいちいち覚えてはいないです。

──木島という男に対して、特に残った感情や印象などはありますか?

山田:うーん、この人のことは分からないです。もちろんいろいろ感じますよ。孤独も、さみしさも、不器用さも感じますし。でも分からないですね。強烈に感じ取ったものというのも、確かにありはしますが、ここでそれをその人として、例えばさみしさとか挙げちゃうと、それが1番になってしまう。それは嫌です。それは一面でしかないわけだし……。
 とにかく木島のことはわからないですね。もちろん、木島という役に対して、理解しようとはします。でも理解する必要もないと思うんです。ただ、その人のことを知る必要はあると思って常にやっています。

(2012/11/15)


【関連記事】



堺雅人
さかい・まさと

1973年10月14日生まれ、宮崎県出身。早稲田大学在学中に劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加。以降、舞台を中心に活動しながら、次第にテレビ、映画と多方面で活躍するように。近年の主な出演作に、劇団☆新感線に客演した「蛮幽鬼」(09年)、NHK大河ドラマ「篤姫」(08年)、ドラマ「リーガル・ハイ」(12年)、映画では『アフタースクール』(08年)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『南極料理人』(共に09年)、『ゴールデンスランバー』『武士の家計簿』(共に10年)、『ツレがうつになりまして。』(11年)、『鍵泥棒のメソッド』(12年)など。公開待機作に『大奥〜永遠〜[右衛門左・綱吉編]』(12年)、『ひまわりと子犬の7日間』(13年)がある。

山田孝之
やまだ・たかゆき

1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身。1999年に俳優デビュー。03年にドラマ「WATER BOYS」で主演。『電車男』(05年)で映画初主演を飾る。ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」(04年)のような恋愛モノから、映画『鴨川ホルモー』(09年)などのコミカルな役柄、『クローズZERO』(07年)『十三人の刺客』(10年)といったワイルドな役まで幅広くこなす。その他の出演作に『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『闇金ウシジマくん』『BUNGO〜ささやかな欲望〜告白する紳士たち』『のぼうの城』『悪の教典』『ミロクローゼ』(共に12年)がある。

2012年11月17日より全国公開
[製作]藤村恵子 [監督・脚本]赤堀雅秋 [出演]堺雅人、山田孝之、綾野剛、谷村美月、高橋努、山田キヌヲ、三谷昇、でんでん、木南晴夏、坂井真紀、安藤サクラ、田口トモロヲ、新井浩文 [DATA]2012年/日本/ファントム・フィルム/119分
(C) 2012「その夜の侍」製作委員会

MOVIE Collection