ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『そして、ユリコは一人になった』玉城ティナ インタビュー

「ユリコ様伝説」をめぐるミステリーで天才女子高生演じる

『そして、ユリコは一人になった』玉城ティナ インタビュー
役が頭から離れず、スピンオフみたいな悪夢まで見てしまった

『そして、ユリコは一人になった』1話30分×全8話
2020年3月5日よりカンテレにて放送開始、6日よりU-NEXTにて配信開始
公式サイト:https://www.ktv.jp/konomys/yuriko/
『このミステリーがすごい!』大賞に関連する作品をドラマ化する『このミス』大賞ドラマシリーズで放送される『そして、ユリコは一人になった』。とある高校を舞台に、学園に語り継がれる「ユリコ様伝説」をめぐるミステリーは、学園のトップに君臨する「ユリコ様」決定の争いに巻き込まれた親友を救おうとする天才女子高生・嶋倉美月の物語。百合子という名前ゆえに危機にさらされる親友のために、連続死の真相と伝説の謎を追う美月を演じた玉城ティナに話を聞いた。


──脚本を読んだ感想をまず聞かせてください。

玉城:私が演じる嶋倉美月はすごく客観的な視点を持っていて、周りがどれだけ騒いでいても、彼女だけは落ち着いている女の子なのかなと思いました。お話自体はミステリーですごく引き込まれましたし、この先どうなっていくのか?という感覚がずっとありつつ、8話で全て納得したな、という感じでしたね。

──嶋倉美月は親友で“ユリコ様騒動”に巻き込まれる矢坂百合子を守ろうとします。

玉城ティナ
玉城:百合子を守りたい気持ちはすごく強いですね。百合子に対する特別な気持ちというか、相思相愛というか。友情が芽生えているので。

──制作発表で出されたコメントで「今までに演じたことのないような役柄」と話されていました。

玉城:どんな役も、そのたびに今までにない初めての役だなという思いでずっと出会ってきてます。美月は周りがすごく見えているけど、裏が何となく見えないという役で、それは初めてでした。

──玉城さんのTwitterを拝見したら、撮影の最後の方で「今やっているドラマのスピンオフみたいな悪夢を見てしまいました」とつぶやかれていました。

玉城ティナ
玉城:(笑)。実際のストーリーとは全然違う内容でした。たぶん1日中、『そしてユリコは一人になった』の現場にいたので、そのことが頭から離れず、大変な続きみたいな悪夢を見てしまいました(笑)。

──そういうことって、作品をやっているときによくあるんでしょうか?

玉城:結構あるかもしれないですね。やっぱり役柄で生きている時間がどうしても長くなってしまうので。現場はすごくタフでしたし、長時間撮影していると、そういう思考回路になってくるんですかね。

──いろんな俳優さんのお話聞いてると、カメラが止まった時点とか、家に帰るとか、切り替えるという人もいますが、玉城さんはどうですか。

玉城ティナ
玉城:私は切り替える感覚はあります。切り替わってしまうというか。すぐにカットがかかると、すっと自分に戻るんですけど、やっぱり頭のどこか奥底には常にいる感じですかね。人それぞれですよね、ほんとに。

──私は俳優ではないから、役と現実をどういうふうに生きているんだろう?と思ったりします。

玉城:でも、どっちも現実ではあるので。例えば完成して放送されると、何となく他人の感じがします。“もう自分ではないような”というか、手放してしまうような感覚があります。撮影中はやっぱり、演じる役だったり、ストーリーの中の人間関係を、第一に考えるんですけど、それが終わってしまってからは、全て箱の中に収めて皆さんにお渡しするような、不思議な感覚があります。

──俳優さんの中には、完成した作品で自分の演じてる姿を見るのがあまり好きではない方もいますが、玉城さんはどうです?

『そして、ユリコは一人になった』
玉城:私もあまり好きじゃないかもしれない。もちろん見返しますけど、『このとき、こうすればよかった』と思っても直すことはできないので。終わってしまったら、ああ終わったなっていう感じなので。

──ドラマは高校が舞台ですが、玉城さん自身の学生生活はどういう感じでしたか?

玉城:私は沖縄出身で、中学校まで沖縄で普通に学校に通って。高校からは芸能のコースがある学校に通いました。なんか毎日行っているような感じではなかったので、高校生のときは不思議でしたね。学校を早退して、そのまま仕事に行って。でも戻ってきたら、ちゃんと受け入れてくれて。わりと平和だったと思います。もちろん小学生とか中学生のときに、私自身も少しいじめを受けたりはありました。(少し考えながら)……ね、何で(いじめは)なくならないんですかね。

──学校という閉鎖的な空間の中に囚われているからかも、と思います。そうすると、玉城さんは高校生の頃から仕事をして別の世界を知っていると違うのかもしれない。

玉城:そうですね、それは大きいと思います。もし今、つらい思いをされてる方がいたら、「あなたの世界はそこだけではない」ということを分かってほしいなと思います。人のことはどうしても変えられなかったりはしますけど、自分の人生というか、自分の考え方や感覚は変えることができると思うので、卑劣なことに負けないでほしいな、と思います。

──撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

玉城:今回初めましての方も多かったんですけど、一番隣にいてくれたのは、やっぱり百合子を演じている岡本夏美さん。物語自体もミステリーでシリアスな場面も多いんですけど、カットかかったら、2人とも普通の22歳、21歳っていう感じで、和気あいあいとしてました。

──作品のトーンはかなりヘビーに思えますが、現場そのものは……。

玉城:全然ヘビーではなくって。(ポスターを見ながら)まあユリの花から血が流れたりしてますけど(笑)。そういうシーンがあっても、撮影はみんなで「頑張ろうね」「終わったね」みたいな感じでやってました。

──玉城さんよりも年下の人がキャストにもスタッフにも増えてきたとか。

玉城:はい、そういう時代が来たかと思いましたね(笑)。

──玉城さんは今、女優としてすごく興味深い時期にいるのでは、と思います。去年からたくさん作品に出演されていますが、ジャンルも様々だし、最近の『AI崩壊』では企業の広報担当のすごいできる女性役を演じ、今回はまた高校生役という、その幅の広さがすごく面白いと思います。

玉城:ありがとうございます。そういうふうに言っていただけると、ほんとにありがたいなと思います。

──今ご自身のいる環境をどう思われますか。

玉城:こういうお仕事をしていて、役で得られる感情というのは特別なもので、一般的な感情として得られないものというのも必然的に出てくると思うんです。その役でしか得られないことって、たくさんあると思います。

──美月は「百合子を守りたい」と言いますが、玉城さん自身が守りたいものはありますか。

玉城:守りたいもの? 何でしょう。私はまだまだ人として未熟なので、何か守れるようなものがあるのか分からないですけど。まだまだ自分を満たしてあげてから、何かを守ってあげたいです。もちろん今の自分の置かれている環境だったり、周りで支えてくださっている方々を守りたいなとは思います。それは自分の活動で守るということにつながっていくとも思うので、自分自身を守るということとイコールなのかなとも思います。

──自分を満たす、という発想が素敵だなと思います。自分の満たし方は、どうされていますか?

玉城:何だろう。仕事が好きなので、日々、カメラの前に立って何かをしていることも満たし方だと思います。でもプライベートの時間も大事なので、旅行に行ったり、おいしいご飯を食べたりとか、全然切り離した満たし方もあると思いますし、ほんとにいろいろですよね。映画を見たり、本を読んだりすることも満たし方の一つだし。

(2020/03/11)


【関連記事】



玉城ティナ
たましろ・てぃな

1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。2012年、講談社主催「ミスiD2013」で初代グランプリに輝き、14歳でファッション誌『ViVi』(講談社)の最年少専属モデルになる。女優デビュー作は、2014年のテレビドラマ「ダークシステム恋の王座決定戦」。以降、『天の茶助』(15年)、『貞子 VS 伽倻子』(16年)、『闇金ウシジマくん the Final』(16年)などに出演。2018年に『私にXXしなさい!』(18年)で映画初主演し、2019年には『Diner ダイナー』でヒロインを演じたほか、『地獄少女』『惡の華』に主演し、2020年は『AI崩壊』にも出演。テレビやWebのドラマ、ラジオ、CMなど幅広く活躍している。

MOVIE Collection