ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』井上祐貴インタビュー

ウルトラマンタイガの人気若手俳優が“3分間”の特技を明かす

『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』井上祐貴インタビュー
デビュー2年目で挑んだ現場は「人として成長」

『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』
2020年3月6日より全国公開
(C)劇場版ウルトラマンタイガ製作委員会
2019年7月から12月にかけて放送された特撮ドラマ『ウルトラマンタイガ』が、『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』として3月6日より公開する。ニュージェネレーションヒーローシリーズ第7作目で、民間警備組織E.G.I.S.の新入社員・工藤ヒロユキが、ウルトラマンタロウの息子「ウルトラマンタイガ」をはじめとした「タイタス」「フーマ」という複数ヒーローに変身し、地球の平和を守るために戦う物語だ。

2018年に芸能界入りし、本作のヒロユキ役でドラマ初主演に抜擢された俳優の井上祐貴が、ドラマから劇場版へと駆け抜けた思い、今後の目標、そしてウルトラマンにちなんだ3分間できる特技までユーモアたっぷりに語ってくれた。


──ドラマを経ていよいよ劇場版が公開ですね! まずは本作の感想を教えてください。

井上:もう、圧巻でした。ニュージェネレーションの主人公がみんなで変身するシーンは一番と言っても過言ではないくらい好きです。それに匹敵するくらい熱いシーンも沢山あるので、そこだけ推すのはもったいないくらい濃い内容になっています。よく70〜80分であれだけ込められたなと何回も見たくなりました。

──中でもファンに見てもらいたい場面は?

井上祐貴
井上:僕の中で胸熱だったのは、ニュージェネレーションのみんなが変身した後にそれぞれの戦い方やフォームがちゃんと描かれていたところです。あと、トライスクワッドのタイガ、タイタス、フーマの3人が同時に出てくる事は基本的にないですけど、今回はそれがあるんです。3人が力を合わせて戦うシーンはすごくかっこ良かったです。「これがトライスクワッドの力だ!」と言いつつも大したことはしていないんですけど(笑)。でも、そこもタイガっぽくて、トライスクワッドならではのコンビネーションが描かれているので注目していただきたいです。

──撮影していて思い入れがあったシーンは?

井上:ヒロユキがニュージェネの先輩方たちから一言ずつ労いの言葉をいただくシーンがありますが、あそこはどんな言葉をかけてくださるか分かっていても、いざ撮影になり実際に先輩方がズラっと並んで自分に向かって言ってくださった時は感動しました。

──ヒロユキはドラマではE.G.I.S.の新人社員でしたが、劇場版ではどんな成長ぶりを?

井上祐貴
井上:劇場版はドラマの半年後が描かれているのですが、かといって成長してめちゃくちゃいい先輩になっているわけでもなく、後輩ができたからと調子に乗ってしまったり。そうやって先輩面をしているヒロユキを演じているときにちょっとヒロユキらしいなと成長を感じたりしました。(テレビシリーズの)序盤のヒロユキからは想像できないような台詞もあります。

──井上さん自身も本作を経てヒロユキと同じように成長を感じた事はありますか?

井上:お芝居もそうですけど、現場での居方や、どこから撮られていてどういうシーンに繋がるのかや、リアクションも特撮ならではの、その場にいないものに対しての反応や会話を求められる作品でしたので、そういう部分は成長を感じることができていい経験ができたと思います。

──グリーンバックとか特撮ならではの撮影もありましたものね。

井上祐貴
井上:グリーンバックは最初特に苦戦しました。町にどんなレベルの被害が出ているのか、怪獣が何をしているのかも分からなくて。最初に比べると特撮ならではのリアクションには慣れたと思います。

──生活面でも色々と変わったと思いますが。

井上:ガラリと変わりました。朝早いのにも慣れましたし、信号無視をしないとか電車の優先席には座らないとか、当たり前のことを当たり前にできるように心がけていました。そういう事を癖づけることができて人として成長できたので、良かったと思っています。

──大役だけに重責を感じていたと思いますが、撮影が終わった時はどんな心境でした?

井上:(1月現在)まだステージがあるので僕の中では終わっていませんが、ドラマと劇場版の撮影が終わった時は「この日を迎えることができたんだ」という思いでいっぱいでした。本当にたくさんの方に感謝しました。最初は新人として右も左も分からない状態でしたので、ここまで無事に走りきることができたという達成感がありました。

──それは、喜びや寂しさのような?

井上:どちらでもなくて、一安心でしょうか。とりあえずこの日を迎えられたという安心でした。寂しさや嬉しさもあったと思いますけど、ほっとしたのが一番でした。

──井上さんご自身についてもお伺いしたいですが、俳優としてモチベーションにしている事は?

井上:まだウルトラマンしかがっつりと演じさせてもらっていないですけど、ウルトラマンに関しては声援だと思います。今は色々なところでショーをさせていただいていて、生の声援を聞けるのはとても原動力になっています。声援ってこんなに原動力になるんだ、と思うくらい、いただいています。

──テレビドラマだとイベントであまり視聴者やファンと対面する機会はないですからね。

井上:確かにそうですよね。僕はこれがほぼ最初の作品でそうやって進んでいますけど、これからファンの方と会える機会が少なくなっていくかもしれないので、なおさら今を楽しまないと、と噛みしめながら立たせていただきます。

(2020/03/03)


【関連記事】



井上祐貴
いのうえ・ゆうき

1996年6月6日生まれ。広島県出身。2017年に第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞を獲得し、2018年に芸能界入り。同年にブロードウエイミュージカル「ピーターパン」で俳優デビューし、2019年にはテレビシリーズ『ウルトラマンタイガ』の主演に抜擢された。ほかに、ドラマ『おしい刑事』(19年)、『ひまわりっ 〜宮崎レジェンド〜』(20年)、映画『ニセコイ』(18年)などに出演。

MOVIE Collection