ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』ヨネダコウ インタビュー

BL界の神作家が劇場アニメ化への想いを語る

『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』ヨネダコウ インタビュー
ラストで泣きそうになりました

ついに劇場版が公開された『囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather』。原作はBLコミックの「囀る鳥は羽ばたかない」(大洋図書「Ihr HertZ」連載中)、フジテレビが立ち上げたBLに特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」で劇場アニメ化されると発表があったとき、業界には驚きの声が上がった。

裏社会が舞台となっていて、メインは若頭の矢代と彼の愚直な部下の百目鬼(どうめき)の2人。飄々としているようで頭の切れる矢代は複雑な魅力を内包していて、百目鬼はどうしようもなく矢代に惹かれていってしまう。しかし、それぞれに暗い陰を持つ矢代と百目鬼は自己矛盾を抱えて生きており、2人はやがて組織の抗争に巻き込まれていく。一筋縄ではいかないストーリーと感情の揺さぶりに心が鷲づかみにされて目が離せなくなる。

この原作者であるヨネダコウに、原作誕生の逸話や、劇場版アニメへの想いからお気に入りキャラクターまで話を聞いた。


──初めて今回の劇場アニメ化の話を聞いたときに持った感想を聞かせてください。

ヨネダ:実写化の話は今まで何度か来たことがあったんですが、まさかアニメ化の話が来るとは思っていませんでした。ただ、本当に実現することはないんじゃないかと思っていたんですが、あまり時間を空けずにフジテレビの方とお会いすることになって、これは実現するかもしれないと思うようになりました。

──実際に劇場アニメ版を初めて見たときの印象はいかがでしたか?

ヨネダ:一言で言えないほど丁寧に作ってくれました。初見でいきなり見たわけではなく、脚本段階やコンテもチェックさせてもらって、アフレコなども少し見て、出来上がっていく工程から見てきました。

──ヨネダ先生自身も制作に携わってきたんですね?

ヨネダ:そうですね、要所要所で関わらせてもらいました。脚本の段階で「あ、これは良いものにしてくれるんだな」と感じました。原作に寄り添って深いところまで考えて作っていただき、とてもありがたいです。でも、自分がどの位置で感想を述べたらいいのか、わからないでいます。とても素晴らしいと言うには大変(原作に)寄せてくださってるので映画に昇華されているのだけど、原作にとても忠実に作ってくれています。

──脇のキャラクターまで割愛されたりすることもなく、原作に忠実だと感じました。

ヨネダ:そうですね、割愛はなかったですね。

──それだけ原作に忠実だから、別物として見られない気恥ずかしさもあるのでしょうか?

ヨネダ:そうなんです。自分のものであって自分のものでない、別物でありながら原作とシンクロしてくれています。脚本の瀬古さんとの最初のディスカッションで、「この話を矢代の話にするのか、矢代と百目鬼の恋愛の話にするのか、どうすべきですか?」と聞かれまして。それを聞いて、そこを考えるほど原作と真剣に向き合ってくれるんだと気概を感じました。ストーリーにしても絵柄もキャラクターもできるだけ崩さないようにしているし、見る方を意識して作られたんだと思います。

──それだけ原作に忠実に作られた劇場版を見ていかがでしたか?

ヨネダ:ラストのところで、ちょっと泣きそうになりました。ようやく矢代の感情が出てくるシーンなので。……で、あの曲じゃないですか!

──「モラトリアム」ですね。『囀る〜』は裏社会ものだけれど繊細な部分を描いた作品なので、あのセンシティブな曲はハードな内容とギャップがあるけれど、実はとても合っていると思いました。

ヨネダ:そうなんですよね。『囀る〜』はテーマとして極道を主体にしてるわけではなく、その実とても叙情的な内容だったりするので、ピッタリでした。原作を読み込んでくださったのが、曲から分かってありがたいです。

──先ほど、ディスカッションでこの映画を恋愛の話か矢代の話かどちらにするのかと聞かれたというお話がありましたが、どちらと答えられたのでしょうか?

ヨネダ:それは矢代の方です。私もどちらにもっていけばいいのかと考えながら原作コミックを描いていたので。

──矢代は辛い過去を持っていますが、その背景は最初からあったんですか?

ヨネダ:いえ、最初はありませんでした。一番はじめに描いた読み切りの「Don’t stay gold」では矢代は脇役だったので、この時点では背景はありません。この脇役が面白いキャラクターになったので、彼を主人公にして描こう、となりまして。矢代の話を描くのであれば高校時代の矢代から描かなきゃいけないなと思って、「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」を描きました。

──矢代に興味を持ったのはどうしてですか?

ヨネダ:私は読み切りにはオチをつけないと終わらせられないたちでして、矢代はドMの実はネコっていうオチをつけたんです。攻めっぽいインテリヤクザだけど、実はドMのネコだなんて、面白いキャラになったなって。まず恋愛しなさそうだなぁとも思いました。描くのが難しい話になるとは思ったんですが、チャレンジが好きでして。無謀なことをしたくなるんですよね。難しそう、だから描こう、みたいな(笑)。

──攻めの百目鬼もまた難しそうなキャラクターですね。

ヨネダ:矢代の相手として漫画的に相性がいいのは三角とか、竜崎なんですよね。竜崎のようなタイプと合わせるのは、1〜2話で話を終わらせるならありかな、と。矢代の内面を深掘りしないなら。

──いわゆるヘタレ攻めですね。

ヨネダ:そういう分類でいうと、矢代は女王受けと言われたりもするけど、私は矢代を女王受けだと思ったことはないです。淫乱でもないですね。そう言われているし、評されているけれど。

──でも、矢代は不特定多数を相手にしていますよね?

ヨネダ:あれは自傷行為に近いです。自虐的な意味あいでやっているのだと思うから淫乱とは思わない。カテゴライズされるのはいいと思います。それで興味を持って読んでくれればいいと思っています。そこから入って読んでもらって、高校生の話の「漂えど〜」で引っかかりを感じてもらえたら良いな、と。

──矢代は実はピュアな人ですよね?

ヨネダ:ですね。恋愛偏差値が低い人ですね。こう言っちゃ身も蓋もないですけど(笑)。

──ヨネダ先生の作品は読者に読み取らせるというか、余分な説明がなくてとても映画的だと感じます。

ヨネダ:そうですね、映画ってあまり説明しないですよね、とくに海外の映画はそういうたぐいのものが多い気がします。私も想像して欲しいと思っているので、その余地を残して描いてます。

──例えば読者がヨネダ先生の意図とは違う捉え方をしていても、それはその人の中でそういう作品なのだからそれで良しと思いますか?

ヨネダ:それも感想だしとらえ方ですから。あとその人のその時のコンディションや年齢によってもとらえ方は違いますし。はっきり分かりやすく描かないせいか、よくそういった感想をもらいます。前はよくわからなかったけど……という。描くときも、もしかしたら違う風にとらえられるかもしれないけど、100%意図したようには伝わらないと思って描いてます。ただ、どうしてもここだけはこう受け取って欲しいというところは誤解されないように、他に受け取る余地がないように描いてます。かといって描きすぎても作風が違ってくるし、いつもそのせめぎ合いですね。作品として押しつけがましいものにはしたくないのでバランスをとりながら手探りって感じです。読む人全部にわかってもらおうというのはエゴだったりしますし。

──読者を信用しているということでしょうか?

ヨネダ:私は将棋はできないのだけど、将棋盤を挟んで読者さんと向き合っているように思ってます。「私の手、どうですか?」って。勝負に近い感じ。作品が面白いかどうかという勝負。だから信用っていうのとは違いますね。

(2020/02/22)


【関連記事】



ヨネダコウ

漫画家。2007年にのちに実写映画化もされた「どうしても触れたくない」で鮮烈なデビューを果たす。他に「それでも、やさしい恋をする」や「NightS」(リブレ出版)などを発表し、BL界を牽引する存在として活躍中。BL作品以外にも青年誌「イブニング」(講談社)で「Op-オプ-夜明至の色のない日々」を連載中。

MOVIE Collection