ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ハリウッドの買収合戦が激化! ディズニーのフォックス買収に一矢報いたコムキャスト | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【興行トレンド】ハリウッドの買収合戦が激化! ディズニーのフォックス買収に一矢報いたコムキャスト
(2018年 10月 11日)

【興行トレンド】ハリウッドの買収合戦が激化! ディズニーのフォックス買収に一矢報いたコムキャスト

『ハリウッドの買収合戦が激化! ディズニーのフォックス買収に一矢報いたコムキャスト』
ハリウッドの買収合戦が激化

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  9月下旬、イギリスの衛星放送局スカイの買い手を決める入札が行われ、コムキャストが21世紀フォックスに競り勝った。コムキャストは1株あたり17.28ポンドを提示した一方、フォックスは15.67ポンドだった。全体の評価額は306億ポンド(約4.5兆円)にのぼる。

興収200億超えも! ホラー映画を盛り上げる2人のヒットメーカー

スカイの筆頭株主はフォックスで39%を所有。スカイはフォックスのコンテンツ事業の1つで、ウォルト・ディズニーが買収で合意した中に含まれている。フォックスではスカイの完全子会社化を目指し、ディズニーの後押しを受けて入札に参加したが、コムキャストがスカイをディズニー=フォックス連合から奪い去った。

17年末、ディズニーは21世紀フォックスのコンテンツ事業(映画やテレビ製作、ケーブルテレビ、英衛星放送局スカイなど)を買収することで合意した。だが、18年6月中旬にコムキャストがフォックスに買収を提案。争奪戦を繰り広げた。結果、ディズニーが勝利したが、今回はコムキャストが一矢報いた格好だ。

コムキャストはアメリカ最大のケーブルテレビで、3大ネットワークのNBCや映画大手ユニバーサル・ピクチャーズを傘下に持つ。海外収入は全体の1割に満たないが、スカイの買収で世界有数のメディア企業に踊り出る。スカイはイギリスをはじめ、アイルランド、ドイツ、オーストリア、イタリアで衛星放送事業を展開し、契約者数は合わせて2300万人にのぼる。動画配信大手のネットフリックスが世界中で事業を拡大する中、コムキャストは世界で戦う基盤が整った。

今後の焦点は、フォックスが所有するスカイ株の行方だ。コムキャストへの売却が有力な選択肢だが、現在コムキャストが持つ動画配信会社フールーの株式30%との交換も選択肢の1つだ。交換されれば、ディズニーが保有するフールー株と合わせて60%になる。ディズニーは19年に独自の動画配信サービスを始める計画だが、その母体がフールーになる可能性もある。

ネットフリックスの台頭が、ディズニーよる21世紀フォックス買収を誘発したが、さらにコムキャストのスカイ買収も引き起こした。ハリウッドの買収合戦は今後も続きそうだ。(文:相良智弘/フリーライター)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。



MOVIE Collection