ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平らが『珍遊記』舞台挨拶 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平らが『珍遊記』舞台挨拶
(2016年 2月 21日)

松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平らが『珍遊記』舞台挨拶

『松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平らが『珍遊記』舞台挨拶』
左からの倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平

他の画像はこちらから

『松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平らが『珍遊記』舞台挨拶』
ランクドラゴンの鈴木拓までもが参加した『珍遊記』舞台挨拶

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  1990年から92年まで週刊少年ジャンプで連載された漫☆画太郎の伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」を実写映画化した『珍遊記』。この作品の舞台挨拶が2月18日に新宿バルト9で行われ、主演の松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、山口雄大監督らが登壇した。

松ケン主演『珍遊記』の予告編解禁!倉科カナがまさかのお下品セリフ

本作で脚本を担当したお笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらがMCをつとめたこの日の舞台挨拶。その呼びかけで松山、倉科らが登壇するも、おおかわらが舞台袖にいるある人物に呼びかけ、なんとお笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓までもが、なぜか舞台上に登場。本作に出演する鬼ヶ島のアイアム野田も加わり、にぎやかに幕を開けた。

松山は「みなさん、こんにちは。一般のお客さんに見ていただく第1回目の会に足を運んでいただきどうもありがとうございます。短い間ですがどうぞよろしくお願いします」と挨拶。倉科も「みなさん、今日は足を運んでいただきありがとうございます。ぜひお楽しみください」と呼びかけた。

また、質問コーナーでは、出演オファーを受けた時の感想を聞かれた松山が「もともと原作のファンだったんですけど、映画として成立するか全く想像がつかなくて……。でも、画太郎さんのファンですし、山口監督とは以前に1度短編『ユメ十夜』(※漫☆画太郎先生が脚本を担当)でご一緒したことがあったので、今回長編は初めてでしたが、監督と一緒に面白い世界に行ってみたいなと思って」と引き受けた理由を説明。

倉科は、本作で演じる坊主・玄奘として発する過激なセリフの数々や、チャレンジしたことについて聞かれ、「松山さんと対極でいることを心がけていました。お話がきた時、脚本が面白くて、監督とキャストのみなさんとお仕事したくて、ただただ、そういう思いで出演することにしたら、みなさんに『大丈夫?』って聞かれて(笑)」とニッコリ。

映画のオリジナルキャラクター龍翔を演じた溝端は「とことんクズの役だったのですが、やり甲斐があって、すごく楽しかったです。本当に楽しくてやりきった感じです」と振り返っていた。

『珍遊記』は2月27日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

松山ケンイチが坊主頭にパンツ一丁で伝説のギャグ漫画主人公演じる!
『珍遊記』ばばあ役の笹野高史「おばあさんを演じることに憧れておりました」
[動画]松山ケンイチ主演『珍遊記』予告編
倉科カナ、もし彼氏を名乗る男が現れたら?「戸惑うけど、受け入れちゃいます」

MOVIE Collection