ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

【ついついママ目線】前編/アニメキャラに萌えつつも、“中1ギャップ”に敏感に反応『映画 ハイ☆スピード!』 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【ついついママ目線】前編/アニメキャラに萌えつつも、“中1ギャップ”に敏感に反応『映画 ハイ☆スピード!』
(2015年 12月 5日)

【ついついママ目線】前編/アニメキャラに萌えつつも、“中1ギャップ”に敏感に反応『映画 ハイ☆スピード!』

『【ついついママ目線】前編/アニメキャラに萌えつつも、“中1ギャップ”に敏感に反応『映画 ハイ☆スピード!』』
『映画 ハイ☆スピード! −Free! Starting Days−』
(C)2015 O.K/HS

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  中学校生活に戸惑う姿に声をかけてあげたくなる

水泳に青春をかけるイケメン水泳部員たちの絆を描いたテレビアニメ『Free!』シリーズの完全新作となる劇場版『映画 ハイ☆スピード! −Free! Starting Days−』。もう、これは乙女な気持ちで「まこちゃん、ステキ〜」と純粋に楽しもうと思っていた。あるいはテレビ版は高校時代で劇場版は中学時代を描いているから、どれくらいスムーズにこれまで馴染んだキャラクターの中学時代を受け入れられるだろう? 映画版で登場する新キャラはどんなもんだろう?と気になっていた。

でも、見てみるとそんなことよりも、ドキドキの中学の入学式から始まり、大好きなキャラクターたちが中学校生活という新しい世界に戸惑う、“中1ギャップ”を感じさせる姿に、思わず「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と優しく声をかけてあげたくなってしまった。

子どもでいられた小学校から、身体的にも精神的にも自分が変化するなか学習面も生活面も何もかもが大きく変わる中学校生活にスムーズに入っていけないために、さまざまな問題が沸き起こる現象が“中1ギャップ”だ。深刻になるといじめや不登校につながるが、本作ではもちろんそんな重い事態は起こらない。それでも、子どもを持つ親なら、中学入学は緊張を与える出来ごとだから、敏感に感じ取るというものだ。

キャラクターたちはだぶだぶの学生服からして初々しく、主人公の七瀬遥は詰襟を息苦しく思うのか、すぐにホックを外してしまう。遥の幼馴染の橘真琴は思いやりがあって周囲に気遣いができるタイプだから、そんな遥の態度を気にしてホックを注意したり、先輩に敬語を使うように促したりする。

大人になったら当たり前のこと、なんてことのないことだけど、自意識過剰で周囲にも目を光らせる思春期は、ちょっとした言動が命取りになることもある。自分自身も神経を使うし、周りもそうだからささいなことでも慎重にならざるを得ないプレッシャーがのしかかる。

そして、落ち着いてるように見える真琴も今まで“僕”といっていたのを、無理して言い慣れないのに“俺”に変えて背伸びしようとする。さらに中学という新しい世界では自分ひとりの力でがんばらないといけないのでは、と空回りして逆に自分を見失ったりしてしまう。

優しくて器の大きい真琴でさえもいっぱいいっぱいになってしまう。それが新中学生というものだろう。誰もが経験することで大人になってからは甘苦い思春期の一コマとなってる人がほとんどだ。でも、小学校から中学校に進学するステップは人生で味わう初めての大きな階段で、壁となって立ちはだかることもある。中学入学は人生で一番困難な局面と言われたりもするが、それは大きく頷けると思う。(後編へ続く…)(文:入江奈々/ライター)

【ついついママ目線】後編/アニメキャラに萌えつつも“中1ギャップ”に敏感に反応『映画 ハイ☆スピード!』

『映画 ハイ☆スピード! −Free! Starting Days−』は12月5日より全国公開される。

【関連記事】
【元ネタ比較】男の子たちの青春と水しぶきがまぶしい人気アニメ劇場版『ハイ☆スピード』
【ついついママ目線】ラブコメを見ててもつい気になる子どものパートナー選び『俺物語!!』
【ついついママ目線】老人の姿に我が身を重ね、子に苦労をかけない死に方について考えさせられる『ハッピーエンドの選び方』
[動画]『映画 ハイ☆スピード!−Free! Starting Days−』予告編

MOVIE Collection