ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ピース又吉の芥川賞受賞作「火花」が林遣都主演で全10話の連続ドラマ化 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> ピース又吉の芥川賞受賞作「火花」が林遣都主演で全10話の連続ドラマ化
(2015年 10月 19日)

ピース又吉の芥川賞受賞作「火花」が林遣都主演で全10話の連続ドラマ化

『ピース又吉の芥川賞受賞作「火花」が林遣都主演で全10話の連続ドラマ化』
左から波岡一喜、林遣都、門脇麦

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  ピース・又吉直樹が執筆した第153回芥川賞受賞作「火花」が初映像化され、2016年にNetflixにて独占配信されることが決まっているが、この作品に林遣都、波岡一喜、門脇麦が出演し、廣木隆一が総監督をつとめ、さらに白石和彌、沖田修一、久万真路らが各話を監督することが発表された。

又吉直樹の「火花」が早くも映像化!2016年にNetflixにて独占配信

「火花」(文藝春秋刊)はすでに発行部数が239万部に達し、芥川賞受賞作品としての単行本発行部数が歴代1位となっている注目作。今回、Netflixで配信となる『火花』は、全10話の連続ドラマで、1話約40〜50分ほどの予定。一般のテレビドラマのような毎週1話ずつ、決まった時間枠で放送される形式とは異なり、1話ごとに異なった尺で、各話が一斉に世界へストリーミング配信されることとなる。

本作は、先輩芸人の神谷と後輩芸人の徳永による売れないお笑いコンビ「スパークス」が、様々な人との関わり合いの中で「笑いとは何か、生きるとは何か」を模索していく、若者の苦悩と葛藤を描いた作品。

林が「スパークス」のボケ担当で、常に憂鬱な性格の主人公・徳永を、波岡がその徳永が師と慕う「あほんだら」のボケで天才肌の芸人・神谷を、その神谷と同棲し、この作品では“絶対的な美”として描かれている女性・真樹を門脇が演じる。

本作のドラマ化に際し、廣木総監督は「芥川賞受賞作品の映像化ということはとても光栄であり、太宰治にも通じる暗さが現代にも通じると信じられる作品にしたいと思います」と意気込みを語る。

林は、注目作で主人公を演じることについて「ただただ嬉しかったです。人を魅了させなくてはいけない仕事だと思うので、常にもっともっと多くの人に見てもらいたいという思いを持ちながら一つ一つの作品に取り組んでいます。このような機会を与えていただきありがたいです。命懸けで取り組みます」とコメント。原作については「シュールなやり取りの中に光る芸術的な表現、一人一人の人間らしさがひしひしと伝わってきて、夢中になり引き込まれました。この本に詰め込まれている又吉さんのお笑い哲学、お笑い愛を必死に読み解きながら、責任を持って徳永を演じさせて頂きたいと思います」と話している。

また波岡も、注目作に出演する感想を「まず、めちゃめちゃ嬉しいです。そして、監督、関係者の方々に心から感謝申し上げます。正直なところ今は、楽しみ半分、不安半分な状態です。これから少しずつ『神谷』と同じ体験をして、本人に近づいていきたいと思います」と話し、門脇は「又吉さんが大好きなのでとても嬉しかったですし、今は現場に入るのが楽しみです」と語っている。

『火花』は11月上旬にクランクイン、2016年2月頃にクランクアップ予定で、その後、2016年春よりNetflixにて世界に配信される予定となっている。

[動画]ピース又吉、処女作「火花」映画化の際はさんまが主役!?
又吉直樹の芥川賞受賞に、相棒・綾部「これで本格的にアシスタントになる覚悟ができました」
ピース又吉が処女小説「火花」を刊行、映画化されたら主演は明石家さんま!?
[動画]林遣都、気を緩めると泣いてしまう!? 『荒川アンダー ザ ブリッジ』初日

MOVIE Collection