ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> ファンキー加藤、初主演映画がクランクアップ! 苦労と充実感語る
(2015年 9月 22日)

ファンキー加藤、初主演映画がクランクアップ! 苦労と充実感語る

『ファンキー加藤、初主演映画がクランクアップ! 苦労と充実感語る』
主演映画のクランクアップで門馬直人監督(右)とガッチリ握手するファンキー加藤(左)
(C)サブイボマスク製作委員会

他の画像はこちらから

『ファンキー加藤、初主演映画がクランクアップ! 苦労と充実感語る』
『サブイボマスク』
(C)サブイボマスク製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  大分県の全面バックアップのもと、8月21日から中津市、杵築市で撮影が行われていたファンキー加藤初主演映画『サブイボマスク』が9月15日にクランクアップした。

ファンキー加藤が素顔をさらけ出したドキュメンタリー映画公開、解散からの軌跡を綴る

本作は、今やシャッター街となってしまった地元商店街を盛り上げるため、ゆるキャライベントや、町コンなどを企画しながら、みんなを笑顔にしようとするも、その行動がいつも空回りばかりしてしまう熱血バカ・春雄の姿を追ったハートフル自虐コメディ。この映画で加藤は、暑苦しいほどの熱意と応援歌となる音楽で人々の心を動かしていく主人公の春雄を演じている。

その加藤は「はじめての映画の現場で、クランクイン前日の夜は眠れないくらいのプレッシャーだった」と振り返りながらも、「間違いなく僕の人生の中で、一番濃密で、一番たくさんのことを学べて、一番プレッシャーがあったけど思い出に残る日々だった」とコメント。「スタッフ、共演者が温かく迎え入れてくれて、いろんなことを教えてくれた」と感謝の言葉を述べた。

また、春雄役については、パワフルで、不器用でまっすぐで尊敬できる人物と評し、「かっこいい男でした。改めてこういう風に生きていきたいなと思った。感情表現がすごくオーバーな人物なので、よく叫ぶし、正拳突きしたり、よく飛ぶし走るし、途中喉が枯れてきちゃったり。唄を歌うのとは別の疲労が残る苦心もあったが、それでも愛おしいなと思いながら演じていた」と愛着を持っていたことを明かした。

さらに撮影では、「田んぼに飛び込むシーンでは稲穂が刺さり、腕が細かい傷だらけになった。商店街のライブでは、外音が出てない、自分の声しか響いてないむき出しの歌で、そこまでアカペラで歌うことがなかったから申し訳ないやら恥ずかしいやら…、春雄だったらこういうコブシの使い回しだろうなとか、アクションだろうなと感じていた」と、お芝居でしか味わうことのない初体験に苦労しつつも、やり遂げた達成感をにじませていた。

『サブイボマスク』は2016年初夏公開予定となっている。

ファンキー加藤が初の舞台挨拶に緊張。2月13日には都内でも舞台挨拶に臨む
ファンモンが解散を発表! 来年の全国ツアーが見納めに
[動画]ファンモンの生ライブで成海璃子、山下リオらが書道パフォーマンス/『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』
ファンモン新曲が、お笑い芸人の汗と涙の軌跡を描いたウッチャン監督作の主題歌に!

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】