ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ノーベル平和賞最年少受賞者となった少女の素顔に迫るドキュメンタリー | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> ノーベル平和賞最年少受賞者となった少女の素顔に迫るドキュメンタリー
(2015年 9月 10日)

ノーベル平和賞最年少受賞者となった少女の素顔に迫るドキュメンタリー

『ノーベル平和賞最年少受賞者となった少女の素顔に迫るドキュメンタリー』
『わたしはマララ』ポスタービジュアル
(C) 2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  銃撃を受けながらも女性差別を訴え続け、2014年にノーベル平和賞の最年少受賞者となった17歳の少女マララ・ユスフザイ。彼女の素顔に迫ったドキュメンタリー映画『わたしはマララ』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった『わたしはマララ』予告編

本作は史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララが、15歳だったときに友人とスクールバスで下校途中に銃撃された衝撃的な事件をはじめ、マララの出生、父ジアウディンがその名に込めた思い、そして今の彼女の姿を追っていくドキュメンタリー。なぜ教育のために運動し、タリバンに撃たれたのか? ブラッド・ピットやロジャー・フェデラーが好きな“ふつう”の女の子が世界を変えようとしている姿が映し出されていく。

メガホンをとったのは、アメリカ元副大統領アル・ゴアの環境問題への取り組みを追った『不都合な真実』でドキュメンタリー映画史上に残る大ヒットを記録。第79回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したデイヴィス・グッゲンハイム監督。

知られざるマララとその家族の絆に迫る、私たちが今知っておくべきストーリー『わたしはマララ』は、12月11日よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開となる。

公民権運動指導者としてノーベル平和賞を受賞するも、39歳の若さで暗殺されたキング牧師を演じた俳優デヴィッド・オイェロウォ インタビュー
1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞したミャンマー民主化指導者アウンサウンスーチーの半生を描いた映画の予告編が解禁!
[動画]ミシェル・ヨー、アウンサンスーチーに会った! 至福のひとときと語る
アンジェリーナ・ジョリーが国連大学で性暴力根絶を訴えスピーチ、緒方貞子とも交流

MOVIE Collection