ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

「天才バカボン」と「フランダースの犬」の組み合わせに声優陣もびっくり! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 「天才バカボン」と「フランダースの犬」の組み合わせに声優陣もびっくり!
(2015年 5月 14日)

「天才バカボン」と「フランダースの犬」の組み合わせに声優陣もびっくり!

『「天才バカボン」と「フランダースの犬」の組み合わせに声優陣もびっくり!』
写真下左より犬山イヌコ、横山剣、バカボンのパパ、瀧本美織、上島竜兵。写真上左より鈴木あきえ、FROGMAN、村井國夫


他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」を初めて長編アニメ映画化した『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』。この映画の完成披露上映会が5月14日に新宿バルト9で行われ、FROGMANをはじめ、声優をつとめた瀧本美織、犬山イヌコ、上島竜兵、鈴木あきえ、村井國夫と、主題歌を担当するクレイジーケンバンドの横山剣が登場した。

『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』作品紹介

冒頭の挨拶で声優陣はそれぞれ「バカボン役の犬山です。素晴らしい映画に出演できて嬉しいです」(犬山)、「ネロ役の滝本美織です。先に映画を見させてもらったんですが、楽しくて面白かったです」(瀧本)、「こにゃにゃちわ。レレレのおじさん役、実働2分の上島です(笑)」(上島)、「ダンテ役、渋い声でやってます」(村井)と挨拶。

監督・脚本・出演を兼ねるFROGMANは、なぜバカボン一家とフランダースの犬を組み合わせた作品を作ろうと思ったかと聞かれ「実は今年が赤塚不二夫先生の生誕80周年。やるぞ!と思いましたね。でもテレビ版の長尺じゃなく、世間をアッと言わせるものにしたいと。そして赤塚先生ならどうやるだろうと考えた。そのときに出てきたのが『フランダースの犬』だったんですよ。実は簡単なあらすじは2日間くらいで出来ました」と明かした。

一方、キャスト陣は、この映画の企画・脚本に最初に触れたときの感想について「世の中的には冗談だと思ったと思う。こういった企画が通って、完成して…日本は素晴らしい」(犬山)、「『フランダースの犬』はきれいな物語で完結していましたよね。それが今度は復讐の話って…(笑)。こんなことFROGMANさんにしかできないと思いました」(瀧本)、「実働2分だけど、脚本は全部読みました。スピード感のあるまぐわいが良かったですね」(上島)、「『誰だこんなバカな話を思いついたのは?』と思った。でも完成してみて、面白いものが出来上がったと思う」(村井)とそれぞれ驚いたことを明かしつつも、完成作を絶賛した。

また、主題歌を担当するクレイジーケンバンドの横山は「監督から直々に依頼を頂いた」と主題歌オファーについて語り、映画を見た感想については「グッと来る場面が次々と。最後にあったかい気持ちになれる。時代が忘れていたものがある。オールディーズじゃなく、現役であるんです」とコメント。

FRGOMANは完成した主題歌「パパの子守唄」について「すっごくいいんですよ。バカボンシリーズはみんなが歌える名曲ばかりですが、また増えました。この曲を聞いて、映画が完成したと思いました」と話していた。

『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』は5月23日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
[動画]『鷹の爪』総統、7役演じた本田翼に「ギャラは1人分でよかった」
[動画]【ゆるコレ】本田翼、カレー屋からドライヤーまで1人7役の声に挑戦
[動画]本田翼、1日に7人からスカウトされた/『鷹の爪7』公開収録
[動画]【ゆるコレ】本田翼の衣装に木の実ナナがフォロー

MOVIE Collection