ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『妖怪ウォッチ』2日間で興収16億円と東宝の記録塗り替える大ヒット! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『妖怪ウォッチ』2日間で興収16億円と東宝の記録塗り替える大ヒット!
(2014年 12月 23日)

『妖怪ウォッチ』2日間で興収16億円と東宝の記録塗り替える大ヒット!

『『妖怪ウォッチ』2日間で興収16億円と東宝の記録塗り替える大ヒット!』
『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2014

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  子どもたちに大人気の「妖怪ウォッチ」の初映画『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』が、公開初週の土日2日間で興収16億円を突破。東宝の新記録を達成したことがわかった。

【元ネタ比較】前売り券100万枚突破!『妖怪ウォッチ』人気はいつまで続く?『ポケモン』との違いは?(前編)

「妖怪ウォッチ」はレベルファイブが手がけるゲームを原作に、アニメ、マンガ、オモチャとクロスメディア展開され、日本全国を席巻中の2014年を代表するビッグコンテンツ。年末にかけて各界のあらゆる賞を総なめにするなど、今や子どものみならず大人をも巻き込んだ社会現象となっている。

その映画版である本作は、劇場前売券販売枚数でも東宝映画史上最高枚数を記録し、公開1週前には100万枚を突破。最終的には114万433枚を記録した(12月19日現在)。また1作目の公開前にも関わらず、続編となる第2弾の公開が決定するなど、話題に事欠かない。

そんなモンスター級ならぬ“妖怪級”の映画が12月20日に全国408スクリーンで公開され、12月20日と21日の2日間の興収は16億2889万3000円、観客動員は148万4916人となっている。これは冒頭に記したように東宝の記録を塗り替える大ヒット。

なお、東宝が発表したパソコンと携帯電話を使ったWeb初日アンケートによると、客層は男女比が51:49でほぼ半々。年齢別では小学1〜3年生が26.1%、0歳〜幼稚園・保育園児が14.4%、小学4〜6年生が8.7%。親世代では30代が28.5%、40〜50代が16.1%となっている。

また、「どなたと来場されましたか?」という質問には、「子どもと・孫と」44.7%、「お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん」36.7%となり、兄弟・姉妹での来場も含め、初日から2日目に関しては、ほとんどの方が家族連れでの来場となった。

これからお正月休みへ本格突入するなか、本作の興収がどこまで伸びるかにも注目だ。

【関連記事】
『映画 妖怪ウォッチ』前売券が東宝史上最高の枚数で、早くも第2弾を発表!
12月公開の『妖怪ウォッチ』ゲスト声優に志村けん、片岡愛之助、島崎遥香
[動画]マックと妖怪ウォッチのコラボイベントにドナルドとジバニャンが登壇
『映画 妖怪ウォッチ』が「はやぶさ2」のオフィシャルサポーターに!

MOVIE Collection