ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松田龍平と松尾スズキが10年ぶりにタッグ。松田「10年前よりも客観的な視点持てた」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松田龍平と松尾スズキが10年ぶりにタッグ。松田「10年前よりも客観的な視点持てた」
(2014年 6月 6日)

松田龍平と松尾スズキが10年ぶりにタッグ。松田「10年前よりも客観的な視点持てた」

『松田龍平と松尾スズキが10年ぶりにタッグ。松田「10年前よりも客観的な視点持てた」』
松田龍平(右)に花束を贈呈する松尾スズキ監督(左)

他の画像はこちらから

『松田龍平と松尾スズキが10年ぶりにタッグ。松田「10年前よりも客観的な視点持てた」』
阿部サダヲ(右)に花束を贈呈する松尾スズキ監督(左)

他の画像はこちらから

『松田龍平と松尾スズキが10年ぶりにタッグ。松田「10年前よりも客観的な視点持てた」』
松たか子(右)…

[ムビコレNEWS]  松田龍平主演で、『クワイエットルームにようこそ』(07年)以来7年ぶりに「大人計画」主宰の松尾スズキが長編映画のメガホンをとった『ジヌよさらば〜かむろば村へ』が、6月4日に都内で無事クランクアップを迎えた。

『舟を編む』がアカデミー賞外国語映画賞日本代表に選ばれ、松田龍平が喜びのコメント!

同作は、いがらしみきおが小学館ビッグコミックで2007年から2008年にかけて連載していた人気コミックの実写化。松田のほか、阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行ら日本を代表する俳優陣が顔を揃え、笑いとシリアスが絶妙にブレンドされた独特の世界感で、お金を1円も使わずに生きることを決意した主人公・武晴と、彼を支える村人たちとの奇妙な交流を描いていく。

松尾と松田がタッグを組むのは、松尾の監督デビュー作『恋の門』(04年)以来、実に10年ぶりのこと。その間に松田は『舟を編む』(13年)で、日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞に輝くなど、大きく成長。そんな2人の再タッグにも注目だ。

本作の舞台となる、病院も学校も警察も郵便局もなくなった限界集落“かむろば村”に、松尾監督が選んだのは福島県河沼郡柳津町。5月7日に柳津でクランクインし、約1ヵ月に渡る滞在ロケで撮影を敢行、6月4日に都内でクランクアップとなった。

最後に花束を監督から贈呈された松田は、「メインロケ地の福島でアップしたかったなぁという気持ちもありますが、楽しかったです。『恋の門』以来10年ぶりの松尾組でしたが、撮影が終わって、今振り返ってみると、10年前よりも客観的な視点を持って現場にいられたかな、という気がしています」と自身の成長を手応えとして感じた様子。

また、かむろば村の村長与三郎を演じた阿部は「撮影は朝早い日が多かったのですが、時間の流れが良くて、とてもいい過ごし方ができました。松尾さんと長編映画で組むのは初めてでしたが、映画でも舞台でも演出の仕方は変わらないので、安心して挑めました。あと、松尾さんが元気そうなので良かったです」とコメント。

阿部扮する与三郎の妻・亜希子を演じた松も「撮影は町のあらゆるところを活用させていただけて、集中してできたので、とても幸運だったと思います。柳津の町に溶け込ませていただいて、馴染ませていただけたのが良かったです。松尾監督らしいアクセントのある演出や要望に、求めて下さることが嬉しくもあり、毎日『今日はどんなことを言われるのかな?』とワクワクドキドキしていました」と充実した撮影を振り返った。

『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』はこれから編集作業に入り、2015年の春公開予定だ。

【関連記事】
「大人計画」の松尾スズキが一般女性と入籍。生命保険を組み立て直すところから始める
瑛太と松田龍平が再共演。『まほろ駅前狂騒曲』のポスターと特報が解禁!
松たか子、神田沙也加らが氷で作った樽で鏡開き/『アナと雪の女王』大ヒット記念
阿部サダヲインタビュー

MOVIE Collection