ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松山ケンイチ、2年ぶりとなる主演映画の初日舞台挨拶で笑顔! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松山ケンイチ、2年ぶりとなる主演映画の初日舞台挨拶で笑顔!
(2014年 3月 2日)

松山ケンイチ、2年ぶりとなる主演映画の初日舞台挨拶で笑顔!

『松山ケンイチ、2年ぶりとなる主演映画の初日舞台挨拶で笑顔!』
左から安藤サクラ、内野聖陽、松山ケンイチ、田中裕子、久保田直監督、

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  震災後の福島を舞台に故郷を失った家族の再生を描いた『家路』。この映画の初日舞台挨拶が3月1日に新宿ピカデリーで行われ、松山ケンイチ、田中裕子、安藤サクラ、内野聖陽と久保田直監督が登壇した。

[動画]『家路』予告編

大河ドラマ『平清盛』に出演していたこともあって、本作が2年ぶりの主演映画となる松山は「映画は自分にとってホーム。“今”をテーマにしている映画には絶対に出たいという気持ちがあった。思い入れのある作品で無事初日を迎えられて幸せです」と笑顔で挨拶。

田中は「撮影させていただいた福島に感謝の気持ちでいっぱいです。息をするのも辛いことがあるかもしれませんが、そうしたなか生活する福島の方たちに力を分けてもらい完成した作品です。全ての方に感謝したい」とコメント。安藤は「仮設住宅での撮影の際は、お菓子やお茶を出してくださったり、地元の方には本当に良くしていただきました。本日は福島でも舞台挨拶されるとのことで、福島に作品を届けられることがとても嬉しいです」と話し、ともに福島県で行われた撮影を楽しそうに振り返っていた。

また、松山扮する次郎の兄を演じた内野も「みなさんにこの作品がどう届くのが気になります。単なるハッピーエンドではないですが、見る方が何かしら考えて持ち帰ってくれれば嬉しいです」と語った。

一方の松山は、撮影を振り返り「内野さんとケンカするシーンですが、内野さんはガタイが良くてストイックな方なので(笑)、殴られたり投げ飛ばされたりしたらどうしようと思っていた」と明かすと「(そうして)身構えていたら(自分の)服がめくれてお腹が見えてしまいました」と明かし、笑いを誘っていた。

【関連記事】
内野聖陽がベルリン国際映画祭に初参加。観客からの拍手喝采に涙ぐむ
松山ケンイチ主演作『家路』がベルリン国際映画祭に出品「海外の反応がとても楽しみ」
[動画]ベルリン映画祭に行けなかった松山ケンイチ「気持ちは行ってた」
『家路』作品紹介

MOVIE Collection