ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ジェームズ・キャメロン監督12年ぶりの新作『アバター』の場面写真が日本初公開 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 場面写真も公開! 『タイタニック』監督12年ぶりの新作情報が続々登場!
(2009年 8月 21日)

場面写真も公開! 『タイタニック』監督12年ぶりの新作情報が続々登場!

『場面写真も公開! 『タイタニック』監督12年ぶりの新作情報が続々登場!』
『アバター』より。映っているのは、『ターミネーター4』でマーカス・ライトを演じたサム・ワーシントン
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

他の画像はこちらから

『場面写真も公開! 『タイタニック』監督12年ぶりの新作情報が続々登場!』
カメラを構えるジェームズ・キャメロン監督
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  本日8月21日に世界同時解禁される約15分の『アバター』の特別映像。監督のジェームズ・キャメロン自身がこのために、自ら編集した映像が、日本でもTOHOシネマズの全国7劇場と新宿バルト9でお披露目となるのだが、それに先駆け『アバター』の場面写真1点が日本初公開された。

公開となったのは、『ターミネーター4』でメインキャストのマーカス・ライトを演じた、オーストラリア出身の俳優サム・ワーシントンのアップ画像。ブルーのライトが当たり、奥にはガラスのケースに浮かぶ異星人らしき姿が見える。どんなシーンか、宣伝担当に問い合わせたが、内容はまだ、配給元にも明かされていないようだ。

さらに、もう1点、入手したのがカメラを構えたキャメロン監督の写真。デジタル3D映画として撮られ、今後の3D映画の普及を占う意味でも大きな意味を持つ『アバター』は、監督自身も開発に関わったフュージョン・カメラ・システム(Fusion Camera System)を使って撮影された。この写真だけで断定はできないが、おそらく監督が抱えているのは、このカメラであろう。フードの中には2つのレンズが収まっているはずだ。

ここに来て、これまでベールに包まれてきた『アバター』の内容が、急ピッチで明かされ始めている。次はどんな情報が寄せられるのか? そして、どんな映画になるのか? ムビコレでは入手でき次第、引き続きレポートをしていきたい。

『アバター』は20世紀フォックス映画の配給で、12月18日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国超拡大公開。

【関連記事】
『タイタニック』監督12年ぶりの新作『アバター』の映像がついに解禁!
まずはカメラの開発から? 世界の清水崇監督が3D映画の苦労話を披露
日本映画初の3Dは、格さん3人がそろい踏みの『シンケンジャー』
シネコンの編成担当者が3D映画について言及
2009年に流行るのは3D映画

MOVIE Collection