ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

神木隆之介、桜庭ななみ、富司純子、細田守監督が『サマーウォーズ』初日舞台挨拶に登壇 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 神木隆之介、桜庭ななみが、最も泣ける傑作アニメ舞台挨拶に登壇!
(2009年 8月 3日)

神木隆之介、桜庭ななみが、最も泣ける傑作アニメ舞台挨拶に登壇!

『神木隆之介、桜庭ななみが、最も泣ける傑作アニメ舞台挨拶に登壇!』
左から細田守監督、桜庭ななみ、神木隆之介、富司純子

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  世界崩壊の危機を救うべく立ち上がる大家族の活躍を描いた『サマーウォーズ』が、8月1日に公開初日を迎え、声優を務めた神木隆之介、桜庭ななみ、富司純子と細田守監督が東京の新宿バルト9で舞台挨拶を行った。

数学の天才でもある高校2年生の主人公を演じた神木は、「食卓のシーンなど出演者30人が集まって一気に録りました。現場のあったかい空気が映画で伝わっていると思います」と収録風景を振り返り、「(映画を見終わったら)皆さんでご飯を食べながら映画のことを話して欲しいです」と語った。

一方、主人公が思いを寄せる先輩のヒロインを演じた桜庭は、「夏希という大切な女の子の声を担当させていただけて、本当に幸せ」と笑顔を浮かべ、「今日、こんなに沢山のお客さんが集まってくれて幸せが2倍になりました。映画を見て、思わず故郷の鹿児島に電話しました。家族への感謝に気づかされる作品です」とアピールしていた。

先日、スイスのロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に、日本のアニメーション映画としては初めて出品されることが報じられたが、神木は「これをきっかけに、全世界の人に映画のメッセージが伝われば」と希望を語った。また、桜庭は「スイスは私も大好きな国。是非頑張ってきてください!」、富司も「日本の技術の高さをアピールしてきてください」と、それぞれ監督にエールを送っていた。

構想3年というこの映画を完成させ、ようやく初日を迎えた監督は、「ようやく皆さんにお見せすることが出来ました。明るい映画だったので現場も笑顔が絶えることがなかった。この瞬間をみなさんと共有できて幸せです」と感無量の様子。ロカルノ映画祭出品については、「日本の田舎の家族の物語を、世界中のみなさんにどう受け止めてもらえるかが楽しみです」と抱負を語っていた。

【関連記事】
神木隆之介、桜庭ななみが浴衣姿で自信の夏休み映画をアピール!
神木隆之介、桜庭ななみ、細田守監督が『サマーウォーズ』ヒット祈願
『サマーウォーズ』作品紹介
[動画]『サマーウォーズ』予告編

MOVIE Collection