ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

賛否両論の『悪の教典』、AKB48の大島優子「私はこの映画が嫌いです」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 賛否両論の『悪の教典』、AKB48の大島優子「私はこの映画が嫌いです」
(2012年 11月 19日)

賛否両論の『悪の教典』、AKB48の大島優子「私はこの映画が嫌いです」

『賛否両論の『悪の教典』、AKB48の大島優子「私はこの映画が嫌いです」』
左から柏木由紀、伊藤英明、三池崇史監督、秋元才加

他の画像はこちらから

『賛否両論の『悪の教典』、AKB48の大島優子「私はこの映画が嫌いです」』
AKB48のメンバーと写真に収まる伊藤英明と三池崇史監督

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  生徒たちから“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師の蓮実聖司が、担当するクラスの生徒全員を殺戮する姿を描いた『悪の教典』。11月10日に封切られたこの映画の大ヒットを記念し、11月18日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズでAKB48のメンバー38名が鑑賞する特別上映会が行われた。

【週末シネマ】凄惨さに胸が悪くなり、感情がかき乱される“感動作”/『悪の教典』

その残虐な描写からR15+指定を受け、Yahoo!映画のコメント欄(ユーザーレビュー)でも賛否両論となっている本作。この日も上映が終わると、その衝撃的な内容に大島優子が目に涙を浮かべ退場する一幕も見られた。

その後、主人公のハスミンを演じた伊藤英明が、突如ショットガンを手に現れると、会場は悲鳴に包まれた。舞台挨拶には本作のメガホンを取った三池崇史監督も登壇。2人に対し、メンバーを代表して柏木由紀と秋元才加が感想を伝えた。

「衝撃の連続で、思わず目をつぶってしまいそうになりましたが、最後まで見逃したくありませんでした」と語った柏木は、伊藤がAKBのシングル第12弾「涙サプライズ!」のPVに英語教師役として出演していたことに触れ「英明さんが『涙サプライズ!』のときとあまりに違いすぎて、人間不信になりそうなくらいでした(笑)」とコメント。秋元は「こんなに怖い映画を見たのは初めてでした。それに英明さんがショットガンを持って登場したのが本当に怖かったです」と語った。

伊藤は「みなさんのような国民的アイドルグループが見に来てくれたことが本当に嬉しいです。一生懸命作った作品を、みなさんがここまで入り込んで見てくれて感動しました」と話していた。

また、あまりの衝撃さに退場した大島は「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、私はダメでした。ごめんなさい」とのコメントを発表している。

【関連記事】
『悪の教典』にローマの観客が総立ち! 伊藤英明「楽しんでくれて自分も嬉しい」
伊藤英明、『海猿』では人命救助、『悪の教典』では大殺戮劇を繰り広げる
伊藤英明が原作者の「『海猿』の続編ない」発言を受け、心境を吐露/『悪の教典』イベント
『悪の教典』作品紹介

MOVIE Collection