ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『カンフーシェフ』で、加護亜依が初日舞台あいさつに登壇 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 世界デビューした加護亜依。サモ・ハンが勧めた葉巻を断れず一服…
(2009年 4月 25日)

世界デビューした加護亜依。サモ・ハンが勧めた葉巻を断れず一服…

『世界デビューした加護亜依。サモ・ハンが勧めた葉巻を断れず一服…』
『カンフーシェフ』の初日舞台挨拶を行った加護亜依。左はゲストにかけつけたランディ・マッスル

他の画像はこちらから

『世界デビューした加護亜依。サモ・ハンが勧めた葉巻を断れず一服…』

他の画像はこちらから

『世界デビューした加護亜依。サモ・ハンが勧めた葉巻を断れず一服…』
ナマ足全開の加…

[ムビコレNEWS]  昨年初夏に撮影された、加護亜依の芸能界復帰第1作目となる映画『カンフーシェフ』が4月25日より公開となり、渋谷のシアター・イメージフォーラムで初日舞台挨拶が行われた。

料理と武術の達人が仇敵との料理対決に挑むというストーリーで、主演は、かつて『燃えよデブゴン』(78)などで大人気を博した巨漢のカンフー・スター、サモ・ハン・キンポー。加護は主人公の仲間を演じ、見事なカンフー・アクションを披露している。台湾の人気グループF4のヴァネス・ウーなども出演した国際色豊かな作品で、加護は、復帰後いきなりの世界デビューとなったわけだ。すでにシンガポールなどで公開されており、マレーシアでは10万人以上を動員するヒットとなっている。

撮影時の気持ちについて加護は、「次につながるチャンスだと思って気合いが入った」とコメント。初のアクション映画だが、「初日からアクションシーンの撮影があって、『えっ? コレをやるの!?』って感じでしたが、あのときは何でもトライしようという気持ちだったので、楽しんで演じました」。言葉の壁もあったそうで、「最初は、撮影中もその他でも、みんなの中に入っていけないのがくやしかった」という。だがそのうち、「日本語でむりやり(みんなの輪に)入っていってました(笑)。日本語で『分かる? 分かる?』って!」と嬉しそうに語った。それらの経験は人間的成長にもつながったようで、「(復帰第1作が)日本ではなく香港での撮影だったことは、今の自分の自信につながりました」と感慨深げだった。

ヴァネス・ウーとの胸キュンシーンもあるが、撮影現場でも仲良く交流できたという。「彼は日本が大好きで、日本語を一生懸命練習していました」と加護。「体の筋肉がすごくて! 撮影中はブロッコリーと玉子の白身しか食べない、とてもストイックな方でした」とのこと。加護は自制心に感心し刺激を受けながらも、「私は、大好きなチョコなんかを食べていて」と、真似したりはしなかったらしい。

サモ・ハン・キンポーとヴァネスと、恋人にするならどちらがいいかという質問には、ヴァネスのイケメンぶりには心動かされると言いながらも、「私にはストイックすぎるので、サモ・ハンさん」と回答。サモ・ハンは現場にいろいろと美味しい差し入れをしてくれたそうで、食べ盛りの加護としては、ストイックな魅力よりも食欲が優先したのかも。

以前、喫煙問題で芸能活動を休止することになった加護だが、撮影中、サモ・ハンからタバコをすすめられたことがあったとか。「タバコではなくて葉巻だったんですけど。断れなくて吸ったのですが、吸い方が分からなくて……」とのこと。とても苦かったようで、葉巻を愛用するようになることは絶対ないと断言していた。

「これからは女優にこだわらず、何でも表現していける人になりたい」と話す加護。6月には4年ぶりのシングルをリリース予定だが、久々のレコーディングではかなり苦戦したようだ。「苦戦して、こんなに歌えなかったんだ、と(笑)。マスタリングしたものを聞いたときは、感動して涙が出ました」と告白。芸能レポーターから「タバコで喉をやられたのでは?」という意地悪な質問も出たが、「タバコは最近吸ってないので、喉はやられてないです」と笑顔で答えていた。

『カンフーシェフ』は今後、香港や台湾での公開を控えており、中国の公開も予定されているという。世界デビューした加護が、これをきっかけにアジア・スターへと成長できるか、期待が高まる。

【関連記事】
[作品紹介]『カンフーシェフ』2009年4月25日よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開
[動画]『カンフーシェフ』予告編
アッキーナと加護ちゃんが『呪怨』シリーズ最新作に出演!

MOVIE Collection