ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『おくりびと』がトライベッカ映画祭の目玉作品に! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> トライベッカ映画祭で熱い注目を集めている『おくりびと』
(2009年 4月 24日)

トライベッカ映画祭で熱い注目を集めている『おくりびと』

『トライベッカ映画祭で熱い注目を集めている『おくりびと』』
トライベッカ映画祭で熱い注目を浴びている『おくりびと』/(C) 2008 映画「おくりびと」製作委員会

他の画像はこちらから

『トライベッカ映画祭で熱い注目を集めている『おくりびと』』
あまりの人混みに混乱してしまったらしいエヴァン・レイチェル・ウッド/(C) 2008 Getty Images

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  4月22日にニューヨークのトライベッカ映画祭が幕を開けた。オープニング作品は、ウッディ・アレン監督の“Whatever Works”。このところずっとヨーロッパを舞台に映画を撮っていたアレンだが、この作品は、久しぶりにニューヨークを舞台にしたロマンティック・コメディということで、会場のウケも上々。だが、その後のパーティの席で、主演のエヴァン・レイチェル・ウッドが突然泣き出し、退場するハプニングがあった。

目撃者によれば、それまで普通に撮影のためのポーズをとったりしていたレイチェルだったが、レポーターの1人にちょっとした質問をされた直後、両手で顔を覆って退場してしまったという。彼女の広報担当者によれば「混雑しすぎていたから」ということだが……。確かに会場はかなりの人混みとなっていて、ウッディ・アレンも間もなく退場。関係者によると、「閉所恐怖症のため」だったそうだ。

2001年の同時多発テロのあと、ニューヨークのダウンタウンを再活性化させる目的でロバート・デ・ニーロが立ち上げたトライベッカ映画祭は、ロバート・レッドフォード主宰のサンダンス映画祭と同様、世界中から粒ぞろいの秀作が集まることで知られている。オスカー受賞に輝いた日本映画『おくりびと』は今年の目玉のひとつで、業界人のみならず、映画ファンたちの熱い注目を浴びている。

【関連記事】
!『レッドクリフ』の絶世美女が『おくりびと』モックンとの共演を希望!
チャン・ツィイーが、『おくりびと』『つみきのいえ』のオスカー受賞に祝福のメッセージ!
『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞
エヴァン・レイチェル・ウッドがミッキー・ロークとの恋の噂を完全否定!
ミッキー・ローク新恋人は、マリリン・マンソン元カノのエヴァン・レイチェル・ウッド?

MOVIE Collection