ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ハリウッド嫌いのゴダール、アカデミー賞名誉賞を受賞するも授賞式は欠席 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> ハリウッド嫌いのゴダール、アカデミー賞名誉賞を受賞するも授賞式は欠席
(2010年 11月 15日)

ハリウッド嫌いのゴダール、アカデミー賞名誉賞を受賞するも授賞式は欠席

『ハリウッド嫌いのゴダール、アカデミー賞名誉賞を受賞するも授賞式は欠席 』
『ゴダール・ソシアリスム』より
12月18日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次公開

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  11月13日、アメリカ映画芸術科学アカデミー主催の第2回ガヴァナーズアワードが開催され、アカデミー賞名誉賞が俳優のイーライ・ウォラック、映画史家のケヴィン・ブラウンロウ、12月18日に最新作『ゴダール・ソシアリスム』が日本公開されるジャン=リュック・ゴダールに贈られた。

『ゴダール・ソシアリスム』作品紹介

ハリウッド嫌いで知られるゴダールは事前の発表通り、授賞式を欠席。映画監督のフィル・ロビンソンは「ミスター・ゴダール、あなたはハリウッドやオスカーに対して不快な発言をしてきました。しかし、現代の映画はあなたの影響なしに存在し得ません」とゴダールを紹介した。

『ウォール・ストリート』にも出演している、94歳のイーライ・ウォラックはクリント・イーストウッドから「『ベビイドール』と『荒馬と女』のキャストで存命中なのはイーライだけ。私は彼と共に『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』の存命中のキャストです」と紹介された。「私は生きるために演じているのではありません。演じるために生きているのです」と生涯現役を宣言するウォラックの言葉は力強かった。

3人と並び、フランシス=フォード・コッポラ監督がアーヴィング・G・タールバーグ記念賞を受賞した。

【関連記事】
間もなく80歳となる鬼才・ゴダールの傑作10本を劇場で一挙上映!
No.1ポルノ女優が一番好きな監督はゴダール!
11歳でオスカー受賞した演技派アンナ・パキンがバイセクシュアルを衝撃告白!
第82回アカデミー賞受賞作発表!事前通達を守り、授賞式の涙はおさえ気味
動画も一杯! 映画サイト/MOVIE Collection[ムビコレ]

MOVIE Collection