ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『るろうに剣心』最終章、7ヵ月以上の撮影を経てクランクアップ! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『るろうに剣心』最終章、7ヵ月以上の撮影を経てクランクアップ!
(2019年 6月 28日)

『るろうに剣心』最終章、7ヵ月以上の撮影を経てクランクアップ!

『『るろうに剣心』最終章、7ヵ月以上の撮影を経てクランクアップ!』
クランクアップを迎えた大友啓史監督と佐藤健

他の画像はこちらから

『『るろうに剣心』最終章、7ヵ月以上の撮影を経てクランクアップ!』
原作者の和月伸宏から佐藤健に贈られた直筆メッセージ入り色紙

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  2020年夏に2作連続公開されることが発表されている『るろうに剣心』シリーズ最終章が、7ヵ月以上の撮影を経て、6月7日についにクランクアップを迎えた。

映画『るろうに剣心』ついに最終章!2020年夏2作連続公開

『るろうに剣心』シリーズは、佐藤健が主人公の緋村剣心役を演じる映画シリーズ。第1作目『るろうに剣心』(12年/興収30.1億円)を皮切りに、これまで『るろうに剣心 京都大火編』(14年/興収52.2億円)、『るろうに剣心 伝説の最期編』(14年/興収43.5億円)と3作品が製作されてきた。

今回、製作されるのは、その続編にして最終章。昨年11月4日にクランクインし、京都・奈良・滋賀・三重・兵庫・熊本・広島・栃木・埼玉・静岡・大阪・長野など全国43ヵ所で大規模な撮影を行い、6月7日にクランクアップを迎えた。参加したエキストラは延べ6000人に及んだ。

最終章では、これまで語られることのなかった剣心の<十字傷の謎>に迫る物語と、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていた<シリーズ最恐の敵・縁(えにし)>との戦いを、動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代を通して描く。2つの時代を生きた剣心の姿を通して、現代へのメッセージが込められる。

佐藤は、約8年間、主人公の剣心役を演じてきたことを振り返り「この作品は、言うまでもなく僕の誇りで、これまでもこれからも『るろうに剣心』を背負っていきます。特に今回のエピソードはこのシリーズを語る上で避けることはできないですし、絶対演じたいと思っていました。そして、ただ描くだけじゃなく、圧倒的なクオリティをもって映画史に名を残す、という使命にも似たような気持ちもありました」と、その思いを吐露。

佐藤がクランクアップする際には、原作者の和月伸宏からも「剣心を演じてくださりありがとうございました!! 心より感謝します!!」と直筆のメッセージが記された色紙が贈られた。このサプライズプレゼントに、佐藤も驚きと喜びの表情を浮かべ、撮影が終わったことをかみしめていたという。






MOVIE Collection