ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」
(2019年 6月 3日)

門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」

『門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」』
門脇麦

他の画像はこちらから

『門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」』
小松菜奈

他の画像はこちらから

『門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」』 『門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」』 『門脇麦、演じた三角関係に「大切な人ほど一緒にいるのが難しいこともある」』
成田凌 門脇麦と小松菜… 左から塩田明彦…

[ムビコレNEWS]  映画『さよならくちびる』の初日舞台挨拶が5月31日にTOHOシネマズ 新宿で行われ、W主演をつとめた小松菜奈&門脇麦と、成田凌、塩田明彦監督が登壇した。

『さよならくちびる』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、小松と門脇が演じるレオとハルによる人気女性ギター・デュオ「ハルレオ」に、シマ(成田)という付き人が参加していくことで、徐々に関係をこじらせていくというストーリー。

レオ役を演じた小松は「初日を迎えられてとても嬉しいです。このお話しをいただいてから、ギターと歌を日々練習してきて。3曲あったので、成立するのかな? 大丈夫かな? と思いながら、すごく不安な日々もあったのですが、その中で、この3人といる楽しい時間だったり、各地方をまわる幸せな日々があって、今日こうやって初日を迎えられて素直に嬉しいなと思います」と挨拶。

ハル役の門脇は「この作品でプロモーションをたくさんやらせていただいて、改めて3人で会ったら本当に居心地が良くて、私は3人でいる時間がすごく好きで、ハル、レオ、シマの3人もすごく大好きです。だからこそ作り出せたハル、レオ、シマだったんだなと思います。歌とハル、レオ、シマをみなさんに愛していただけたら嬉しいなと思います」と語った。

また、撮影を振り返って一番心に残っていることについて、小松は「北海道の最後のライブシーンのときに、空き時間があって、3人でなんとなくギターを演奏して歌ったとき」を挙げると、「最初の頃は何にもできなかったのに、いつの間にかできるようになったことが嬉しく、感動して、頑張ってきて良かったなって思いました」と回答。成田もそのシーンに関して「ステージ上で3人で、まだ準備も何にもしていない本当に3人だけの空間で、最初は2人(小松と門脇)でちょろちょろ音を鳴らしながらやっていて、そこに参加したことはすごく覚えています」と付け足す。

一方、ハル、レオ、シマによる三角関係を描いたラブストーリーであることに関する質問に、門脇は「わかりやすい三角関係ではないんですよね。ずっと一緒にいて、すごく大事で大切な人ほど、一緒にいるのが難しいこととかもあったりして、大事すぎるから難しいことってあるんだろうなって。3人ともすごく不器用だし、うまく言葉にできない人たちなので、それでうまくいかなくなったりして、そういう姿はもどかしくあると同時に、本人たちは苦しいでしょうけど、とても愛おしいです」と話していた。






MOVIE Collection