ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『ボヘラブ』のラミ・マレック&チャーリー・ハナムでリメイク!『パピヨン』公開日が決定 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『ボヘラブ』のラミ・マレック&チャーリー・ハナムでリメイク!『パピヨン』公開日が決定
(2019年 2月 28日)

『ボヘラブ』のラミ・マレック&チャーリー・ハナムでリメイク!『パピヨン』公開日が決定

『『ボヘラブ』のラミ・マレック&チャーリー・ハナムでリメイク!『パピヨン』公開日が決定』
日本版ビジュアル
(C) 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

他の画像はこちらから

『『ボヘラブ』のラミ・マレック&チャーリー・ハナムでリメイク!『パピヨン』公開日が決定』
(C) 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

他の画像はこちらから

『『ボヘラブ』のラミ・マレック&チャーリー・ハナムでリメイク!『パピヨン』公開日が決定』
(C) 201…

[ムビコレNEWS]  『ボヘミアン・ラプソディ』の演技で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックと『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムが出演し、脱獄映画の金字塔『パピヨン』を45年ぶりにリメイクする『パピヨン』。この映画の公開日が6月21日に決定し、日本版ビジュアルが解禁となった。

リメイク版『パピヨン』、その他の写真

本作は、作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験をもとにした終身刑囚パピヨンの13年に及ぶ命をかけた脱獄を描いた作品。1973年には、スティーヴ・マックイーンとダスティン・ホフマンの2大スター共演で映画化。『猿の惑星』などの名匠フランクリン・J・シャフナーが監督、ハリウッドの異端児と呼ばれたダルトン・トランボが脚本を担当し、マックイーンがパピヨン役、ホフマンが偽札作りの天才ドガ役を演じている。

今回のリメイク映画で、新たに主人公のパピヨン役を演じるのは、『パシフィック・リム』『キングアーサー』で主演をつとめたチャーリー・ハナム。ハナムは『パシフィック・リム2』のオファーを断って本作に出演。「僕はマイケル・ノアー監督の大ファンでずっと一緒に仕事をする機会を熱望していた。それに『パピヨン』は僕の青春時代にとって非常に重要な作品だったんだ」と語っている。

ホフマンが演じたドガ役に扮したのが、ラミ・マレックだ。ドガ役には当初からマレックが候補のトップに挙がっていたものの、多忙なスケジュールの都合で一時は出演が危ぶまれた。ハナムは「僕にとってラミ以外の選択肢はなかった。彼がドガを演じるというアイデアに固執するようになり、いよいよラミの出演が不可能な状況になりそうになった時、彼に電話をかけ『ブラザー、やり抜こう! この映画を俺たちで実現させるんだ!』と言ったんだ。その時、僕らはお互いをよく知らなかったし、彼にとってはある種のプレッシャーだったと思う。でも、ありがたいことにラミは僕を受け入れてくれたんだ」と振り返っている。

そう熱烈ラブコールを受けたマレックは「『パピヨン』は僕に強い影響を与えた作品だったので、この物語のリメイクは非常に刺激的になると感じたんだ。新たな解釈をするには十分な時が経っている。僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きだ。そして僕は、このキャラクターをもう少し尖らせて脆さを抑えた。ドガを演じることは本当に楽しいことだった」と話している。

物語の舞台は1931年のパリ。胸に蝶の刺青を入れていることからパピヨンと呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡されてフランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られており、囚人たちは人権をはく奪され過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所で自由と希望を求めてあがくパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて2人は奇妙な絆で結ばれてゆく。

『パピヨン』は6月21日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開となる。






MOVIE Collection