ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

斎藤工も困惑!? 主演作『麻雀放浪記2020』がまさかのマカオ映画祭出品中止 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 斎藤工も困惑!? 主演作『麻雀放浪記2020』がまさかのマカオ映画祭出品中止
(2018年 12月 8日)

斎藤工も困惑!? 主演作『麻雀放浪記2020』がまさかのマカオ映画祭出品中止

『斎藤工も困惑!? 主演作『麻雀放浪記2020』がまさかのマカオ映画祭出品中止』
困惑する斎藤工!?
(C) 2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  斎藤工主演で、35年ぶりに再映画化されることも話題の『麻雀放浪記2020』。この作品が出品予定だったマカオ国際映画祭より、まさかの出品中止と判断され、斎藤も困惑しているという。

斎藤工、ラーメン好きがこうじて自宅でもラーメン作りに挑戦!

本作は、不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が原作。1984年に和田誠が監督し、真田広之主演の『麻雀放浪記』として映画化されている。

今回、主演をつとめる斎藤は、映画『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言しており、10年の歳月をかけて再映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を演じ、メガホンを『孤狼の血』の白石和彌監督がとる。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし本作では、この原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながらも、設定やキャラクターを大胆にアレンジしている。

そんな本作は、ギャンブルが1つのテーマとなっていることもあり、ギャンブラーの聖地であるマカオでのキックオフがふさわしいという理由から、第3回マカオ国際映画祭でのワールドプレミアを行う予定だった。しかも、唯一の日本映画の出品作品として、マカオ映画祭から出品要請があり、調整していた矢先に上映ができないという判断が映画祭側より下された。

「セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、そして設定となっている世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になったというシニカルな背景設定など、その過激で反逆的なシーンが多い」との理由により、急きょ映画祭側から出品中止という判断が下されたという。

これには写真のとおり、主演の斎藤も困惑しているという。はたして、どれほどの過激なシーンがあって、時事ネタとして危険視される舞台設定と時代設定が2020年という未来に表現されてしまっているのか?

『麻雀放浪記2020』は2019年4月5日より全国公開となる。






MOVIE Collection