ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編解禁 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編解禁
(2018年 11月 19日)

安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編解禁

『安田顕主演『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編解禁』
(C) 宮川サトシ/新潮社 (C) 2019「母を亡くした時、僕は遺骨食べいと思っ。」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  安田顕がお調子者の息子、その母を倍賞美津子が演じた『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』。この実話をもとにした映画の予告編が解禁となった。

[動画]『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』予告編

原作はWEB漫画サイトで連載された同名エッセイマンガ。作者である宮川サトシが実際に体験した母との最後の日々から葬儀、そしてその後の生活の日々を、溢れる愛情をふんだんに散りばめて描き、AmazonレビューやSNSなどで人気沸騰。500万PVを記録した話題作の実写化だ。

頼りないが優しい息子・サトシ(安田)と明るくてパワフルな母・明子(賠償)。平凡でユーモラスな宮川一家の日常は、母が突然ガンを宣告されたことによって変化していく。サトシは恋人の真里に励まされながら母のために奔走し、家族は戸惑いながらも支えていく。そして、母と死別して1年後、やっと家族それぞれが新たな人生へのスタートをきった頃、サトシのもとに突然、母からプレゼントが届く。それは、想像をはるかに超えた特別な贈り物だった。

予告編は、サトシが葬式で、母に「お疲れさま」と声をかけるところから始まる。場面は一転。生前の明子がサトシに向かって「お兄ちゃんもあんたも、私が産んだ最高傑作!」と言って高笑いしたり、「あんたのマンガわかんないよね。絵は可愛いけどね」と優しく語りかけたり、「立派なイチゴ! いくらくらいするんだろうね」と嬉しそうに、息子から「すぐゼニ勘定するもんな」とツッコまれてもニコニコとしていたりと、パワフルかつチャーミングな母親の姿が映し出される。

そんな明子が医師から胃ガンを宣告される。どこか現実感のないサトシ。しかし、幼少期に共に田舎道を歩いた日々を思い出し、いかに母に愛されてきたか噛み締める。恋人真里からも「今度は愛する番だよ」と叱咤され、サトシは「医者が何と言おうとさ、俺がいるから大丈夫だよ!」と母を励ます。気丈に日々を送る母と奔走するサトシを家族も戸惑いながら支えていく。紡がれる家族の愛おしい日々。だが、別れの日は容赦なくサトシと母を引き離す。その後、家族がそれぞれの新しいスタートをきったころに、サトシのもとに母からプレゼントが届いた。彼は、それを胸に抱き号泣する。果たしてその中身とは?

BEGINが本作のために書き下ろした主題歌「君の歌はワルツ」も初解禁。島袋優(BEGIN)は「今回の楽曲は来年も再来年もこの先いつ聞いても、同じ感覚で聞けるような曲になったらいいなと思って、奇をてらわずストレートに書きました」とコメントしている。また劇中の音楽は「あまちゃん」などを手がけた大友良英が担当。『さよなら渓谷』(13年)、9月に逝去した樹木希林も出演している『日日是好日』(18年)の大森立嗣監督がメガホンをとる。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は2019年2月22日より全国順次公開となる。






MOVIE Collection