ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

柄本佑、下駄が理由でフランクフルトの空港で騒動に! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 柄本佑、下駄が理由でフランクフルトの空港で騒動に!
(2018年 11月 11日)

柄本佑、下駄が理由でフランクフルトの空港で騒動に!

『柄本佑、下駄が理由でフランクフルトの空港で騒動に!』
左から中野裕太、柄本佑、舩橋淳監督

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  映画『ポルトの恋人たち〜時の記憶』の初日舞台挨拶が11月10日にシネマート新宿で行われ、主演の柄本佑、共演の中野裕太、舩橋淳監督が登壇した。

[動画]『ポルトの恋人たち〜時の記憶』予告編

本作は日本、ポルトガル、アメリカの3ヵ国合作映画で、18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、3人の俳優がそれぞれ1人2役に挑んだ時代を超えた愛と復讐のラブミステリー。

柄本は「もともとポルトガル出身のマノエル・デ・オリヴェイラ監督の大ファンで、新婚旅行もポルトガルに行ったほど。ポルトガルに行けるらしいと聞いて、即座に『行きます!』という感じでお仕事を受けました。脚本を読んだらわりとヘビーな話だった(笑)」と出演に至った経緯を説明。

ポルトガルでの撮影は肌があったそうで「現場は監督と撮影監督以外は、ポルトガルの方でした。ランチには1、2時間、コース料理にホールケーキが出て、ワインを飲みながら、それも映画作りの一部だという考え方なんですね。本当にほのぼのしていて。俺、あの時、ポルトガル人だったのかもしれない」と憧れのオリヴェイラ組との撮影の日々を振り返った。

また、英語のセリフにも初挑戦しており、「新しいことに挑戦するのは楽しい」と笑顔を見せると、「だけど本当にすごいのはこの人ですよ」と中野を絶賛。中野は出演オファーをされてから渡航するまでの1ヵ月半で、かなりポルトガル語を習得し、現場に入った時にはすでに日常会話でスタッフとコミュニケーションをとれるレベルに達していたそうで、舩橋監督は「イケメンで言葉も喋れる、現地でもモテモテでした」と明かした。

劇中でも壇上でも見事なコンビネーションを見せていた柄本と中野。中野は柄本との初対面について「下駄をはいて現れましたね(笑)。ポルトガル人かも?とか言いながら、大和スピリッツの男なんです(笑)」とコメント。これに柄本は「ポルトガルへのトランジットでフランクフルトで金属探知機のゲートをくぐる時に、“ピンポーン”って鳴ってないのに検査の人に止められて、下駄を指差されて『それはなんだ』と問われ、『大和スピリッツだ』と答えたら『変な奴がいるぞ』とスタッフがぞろぞろやってきた(笑)」と明かし、笑いを誘っていた。






MOVIE Collection