ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

含蓄に富んだ脱力発言に癒やされる! 大人のための優しいおとぎ話『プーと大人になった僕』 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【週末シネマ】含蓄に富んだ脱力発言に癒やされる! 大人のための優しいおとぎ話『プーと大人になった僕』
(2018年 9月 14日)

【週末シネマ】含蓄に富んだ脱力発言に癒やされる! 大人のための優しいおとぎ話『プーと大人になった僕』

『含蓄に富んだ脱力発言に癒やされる! 大人のための優しいおとぎ話『プーと大人になった僕』』
『プーと大人になった僕』
(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS] 
【週末シネマ】『プーと大人になった僕』

ディズニーのアニメとしても人気の高い「くまのプーさん」を実写化した『プーと大人になった僕』。“僕”とはもちろん、プーの親友の少年だったクリストファー・ロビンのこと。大人に成長し、大好きだったプーや森の仲間たちのことを忘れて仕事人間になっている彼が、ロンドンの街でプーと奇跡の再会を果たす物語だ。

プーさんの物語を子どもたちにも読んであげた/『プーと大人になった僕』ユアン・マクレガー インタビュー

ふわふわした感触や、年月を経てちょっとくたびれたリアルなぬいぐるみ感あるプーや仲間たちの姿は可愛らしく、小さな子どもも喜びそうだが、『007慰めの報酬』『ワールド・ウォーZ』のマーク・フォスター監督が描くのは、ユアン・マクレガーが演じるクリストファー・ロビンと同世代の大人に響く物語だ。

クリストファー・ロビンが寄宿学校に入るまで過ごした100エーカーの森に今も暮らすプーは、仲間である臆病なピグレット、ティガー、いつもぼやきまくるイーヨーやカンガとルーの親子たちと折にふれて、かつての親友を懐かしんでいる。一方、会社勤めのクリストファー・ロビンは上司から無理難題を押しつけられ、家族と週末を過ごすこともままならず、妻や娘との関係も悪化し、公私ともに悩み深い。

そんなある日、彼が公園のベンチでため息をついている時、背中合わせで途方に暮れていたのがプーだ。好物のはちみつ探しをするうちにロンドンに迷い込んだプーに頼まれ、彼を森の仲間たちのもとに帰すべくクリストファー・ロビンは少年時代を過ごした100エーカーの森へと向かう。

森で再会した仲間たちとの交流、大切に思い合いながらもすれ違う家族との関係、底意地の悪い上司もいて……と設定も、そこからの展開も定石通りで奇をてらわないが、きめ細かい演出と演技が、日々に忙殺されることで忘れがちな「本当に大切なもの」を思い出させるストーリーを気持ちよく描いている。脚本には『スポットライト 世紀のスクープ』で第88回アカデミー賞作品賞及び脚本賞を受賞したトム・マッカーシーも参加している。

ユアン・マクレガーは誰もが知る映画スターでありながら、いわゆる一般人の無名性を無理なく表現できる俳優だ。本作でも、 “ただの大人になってしまった” クリストファー・ロビンが、かつての想像力豊かな少年に徐々に戻っていく様子に自然な説得力がある。マクレガーをサポートするのが、ウォルト・ディズニーのアニメ版で1988年からプーの声を担当しているジム・カミングスだ。合わせてティガーの声も担当するカミングスの温かみある声は、プーの脱力させる数々の発言を含蓄に富んでいることに気づかせる。せわしない毎日を送っている大人たちに向けた、優しいおとぎ話だ。(文:冨永由紀/映画ライター)

『プーと大人になった僕』は9月14日より公開中。

冨永由紀(とみなが・ゆき)
幼少期を東京とパリで過ごし、日本の大学卒業後はパリに留学。毎日映画を見て過ごす。帰国後、映画雑誌編集部を経てフリーに。雑誌「婦人画報」「FLIX」、Web媒体などでレビュー、インタビューを執筆。好きな映画や俳優がしょっちゅう変わる浮気性。






MOVIE Collection