ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

90年代音楽満載!篠原涼子&広瀬すず『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編解禁 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 90年代音楽満載!篠原涼子&広瀬すず『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編解禁
(2018年 6月 6日)

90年代音楽満載!篠原涼子&広瀬すず『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編解禁

『90年代音楽満載!篠原涼子&広瀬すず『SUNNY 強い気持ち・強い愛』予告編解禁』
『SUNNY』ティザーチラシビジュアル
(C) 2018「SUNNY」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  『モテキ』『バクマン。』の大根仁が監督と脚本を担当し、篠原涼子が主演をつとめる『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。2011年に韓国で上映され大ヒットした『サニー 永遠の仲間たち』を、舞台を日本に変え、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築したこの映画の予告編が解禁となった。

広瀬すず、ミニスカ&ルーズソックスで篠原涼子のコギャル時代演じる

かつて青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、約22年の時を経て、それぞれ問題を抱える大人になっていた。主人公・奈美は久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた。「死ぬ前にもう1度だけ、みんなに会いたい」。そんな芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。

大人になったサニーのメンバーを篠原はじめ、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が演じ、高校時代のサニーメンバーに広瀬すず、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生が扮する。

この映画で、音楽を担当しているのは、90年代にミュージックシーンの先頭を走り続けていた小室哲哉。自身にとって「最後の映画音楽」となる本作で、丸1年の制作期間を経て劇伴24曲を制作した。さらに劇中では、90年代を彩る珠玉のJ-POP合計11曲を使用。「SWEET 19 BLUES」(安室奈美恵)をはじめとする5曲の小室プロデュース楽曲や、サブタイトルにもなっている「強い気持ち・強い愛」(小沢健二)など、今もカラオケなどで歌い継がれている名曲の数々が本作を彩る。

解禁となった予告編は「SWEET 19 BLUES」「強い気持ち・強い愛」の2曲を贅沢に使用し、特報からのポップなイメージを残しつつも、篠原をはじめとする女優陣が涙を流すシーンが随所に散りばめられたエモーショナルな内容。90年代に最高の青春を過ごすコギャル時代の“SUNNY”たちのキラキラした眩しい姿と、20年の時を経てそれぞれが問題を抱える現在の“SUNNY”たちの姿が対照的な、切なさが際立つ予告編となっている。

なお、この予告編は6月8日より全国の映画館で上映予定。『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日より全国公開となる。






MOVIE Collection