ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

ラストシーンに“愛”の答えが…。結末に驚くダニエル・デイ=ルイス引退作 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【週末シネマ】ラストシーンに“愛”の答えが…。結末に驚くダニエル・デイ=ルイス引退作
(2018年 5月 24日)

【週末シネマ】ラストシーンに“愛”の答えが…。結末に驚くダニエル・デイ=ルイス引退作

『ラストシーンに“愛”の答えが…。結末に驚くダニエル・デイ=ルイス引退作』
『ファントム・スレッド』
(C)2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  【週末シネマ】『ファントム・スレッド』
ダニエル・デイ=ルイス引退作

これを愛と呼べるのか? 常識的には、それを愛とは言い難い気もするが、まちがいなく恋の物語ではある。俳優引退を表明しているダニエル・デイ=ルイスの現時点で最後の主演作『ファントム・スレッド』は、1950年代のイギリスを舞台に、社交界から引く手数多の仕立て屋と彼のミューズとなった女性の物語だ。

『ファントム・スレッド』ポール・トーマス・アンダーソン監督インタビュー

レイノルズ・ウッドコックは老年に差しかかったロンドンの仕立て屋。「ハウス・オブ・ウッドコック」の名の下に、彼の作るドレスの美しさは国内外の上流社会の婦人たちから愛されている。結婚もせず、ドレス作りにストイックに打ち込む弟をビジネス面でサポートする姉のシリルも未婚だ。ある日、大きな仕事を1つやり遂げたレイノルズは気分転換のために田舎の別荘に向かう。翌日、朝食をとりに出かけたホテルの食堂で出会ったのがウェイトレスのアルマだ。一見素朴だが物怖じしない性格の彼女は、客であるかなり年上の男からの誘いに躊躇なく応じ、その夜ディナーに出かける。

垢抜けないアルマをレイノルズが選んだ理由は、顧客の中年女性たちが体を無理やり押し込むドレスを難なく着こなす体型を持っていたから。いわば理想のマネキンだったからだ。普通の恋のつもりでつき合い始めたアルマは当然戸惑う。だが、外国人でもある彼女は彼の言うまま服従しない。天才肌のレイノルズは整えられた環境の変化を極端に嫌うが、アルマは彼のルーティンを壊していく。「私のやり方で彼を愛したい」という意思を曲げない。自分流をゴリ押ししようとする点では似た者同士な2人だが、その態度が相手を征服しようとする無意識の攻撃なのか、相手に対する自衛であると意識しているのかという違いは大きい。どう愛するのか、どう愛されるのか、それを選んでいく物語でもある。

デイ・ルイスは徹底した役作りで知られるが、今回も撮影開始の1年前からドレス作りを修行し、採寸や仮縫いをする姿はプロそのものに見える。集中を削がれることを何より恐れ、空気を乱す相手には容赦ない言葉を浴びせる天才の繊細さもリアルで、まさに真骨頂の演技を見せ、受賞こそ逃したが、6度目のアカデミー賞主演男優賞ノミネートを得た。

アルマを演じるヴィッキー・クリープスはルクセンブルグ出身で、『マルクス・エンゲルス』(17)などヨーロッパ映画で活躍してきた女優。アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したマーク・ブリッジスのドレスをまとい、原石が磨かれて美しい宝石になっていくように変貌していくヒロインを印象深く演じている。

そして、2人を見守るシリルを演じたレスリー・マンヴィルは本作でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。このシリルの存在が作り出す三角関係はありがちなものではなく、彼女の存在もあって、本当に思いもよらない結末が訪れる。恋愛は幸せな誤解をし合うことから始まるものだが、では愛とは? ラストシーンにその答えがある。(文:冨永由紀/映画ライター)

『ファントム・スレッド』は2018年5月26日より全国公開。

冨永由紀(とみなが・ゆき)
幼少期を東京とパリで過ごし、日本の大学卒業後はパリに留学。毎日映画を見て過ごす。帰国後、映画雑誌編集部を経てフリーに。雑誌「婦人画報」「FLIX」、Web媒体などでレビュー、インタビューを執筆。好きな映画や俳優がしょっちゅう変わる浮気性。






MOVIE Collection