ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

役所広司、松坂桃李を「格好良く、共演者として頼もしい」と絶賛! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 役所広司、松坂桃李を「格好良く、共演者として頼もしい」と絶賛!
(2018年 5月 14日)

役所広司、松坂桃李を「格好良く、共演者として頼もしい」と絶賛!

『役所広司、松坂桃李を「格好良く、共演者として頼もしい」と絶賛!』
左から江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子

他の画像はこちらから

『役所広司、松坂桃李を「格好良く、共演者として頼もしい」と絶賛!』
左から中村倫也、江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子、ピエール瀧

他の画像はこちらから

『役所広司、松坂桃李を「格好良く、共演者として頼もしい」と絶賛!』
左から白石和彌…

[ムビコレNEWS]  映画『孤狼の血』の初日舞台挨拶が5月12日に丸の内TOEIで行われ、主演の役所広司をはじめ、松坂桃李、江口洋介、真木よう子、ピエール瀧、中村倫也、音尾琢真、阿部純子、白石和彌監督、原作者の柚月裕子が登壇した。

[動画]『孤狼の血』予告編

本作は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、暴力団同士の抗争と、捜査のためなら違法行為も厭わないマル暴刑事の大上章吾(役所広司)と、その相棒となった新人刑事の日岡秀一(松坂桃李)らの血で血を洗うようなせめぎ合いと生き様を、熱く激しく描いたバイオレンス映画。

MCから本作について質問されると、芸能生活40周年の記念すべき節目の年の主演作となった役所は「ギリギリ体力がもつかな、という作品に40年目で出会えました」と語り、松坂は「30歳になる節目の年に、役所さんと共演できて、白石監督ともまたお仕事ができて、それがこの『孤狼の血』の作品。忘れられないとても大切な作品です」と述べた。

また『仁義なき戦い』が大好きだという江口は「オファーをいただいて私物の『仁義なき戦い』のDVDBOXなども掘り返して見ました」と振り返ると、白石監督については「『凶悪』を見て『誰が撮っているんだ?』と名前はインプットしていました」とコメント。「今やこういう映画は“時代劇”になるのかもしれないが、これがきっかけでヒリヒリする芝居ができる作品が増えれば良いと思います」と続けた。

真木は「本編が進むにつれて、このシーンがあるから真木よう子がキャスティングされたんだと思っていただけるはずです。(演じる)梨子は着物を着ているので、着物での所作や、ドキッとさせる仕草を勉強しました」と話すと、白石組の常連でもあるピエールは「いつも話題になる作品を撮っておられる監督だが、過激なシーンであればあるほど監督が一番笑っていらっしゃる。それを見て、僕は『鬼畜どんぐり』というあだ名をつけました」と明かし会場を沸かすと、「男のバイオレンスさを、どこか可愛らしく撮ってくださるのが監督の専売特許ですね」と監督の良いところをコメント。

これに白石監督は「鬼畜どんぐりとかって言われていますが、みなさんに良い映画を届けようと身を削り頭をひねって考えた作品です」と話すと、「多少目を覆いたくなるシーンもありますが、最初を乗り越えるとすーっと最後まで見ていられる、エンターテインメントになっております!」と語った。

また役所は、本作でバディを演じた松坂について「松坂くんは格好良いですからね。本当に繊細に自分の役を積み重ねていくちゃんとしたプランをもった俳優さんで、まっすぐな目の力が共演者として頼もしいです」と絶賛。松坂は「役所さんとは2本目の共演なのですが、役柄のバディという関係性もあって、親のような師匠のような大先輩のような存在でした。そして、大きく分厚く遠いなと、すごく感じました」と役所の言葉に恐縮しきりの様子だった。

最後に役所から「白石監督のもとで、スタッフ、僕たちキャスト共にのびのびと楽しく撮影させていただきました。素晴らしい役者さんたちが、生き生きと演じた映画になっております。女性のお客様が多いので、ぜひ男たちに『映画館に行けよ、牙を磨いて来いよ』と言ってください」とこれから映画を見る観客に向けコメントしていた。






MOVIE Collection