ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松坂桃李が娼夫役! 映画『娼年』の2種類のポスタービジュアル解禁 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松坂桃李が娼夫役! 映画『娼年』の2種類のポスタービジュアル解禁
(2018年 2月 24日)

松坂桃李が娼夫役! 映画『娼年』の2種類のポスタービジュアル解禁

『松坂桃李が娼夫役! 映画『娼年』の2種類のポスタービジュアル解禁』
『娼年』2種類のポスタービジュアル
(C) 石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  松坂桃李が娼夫役を演じることでも話題の映画『娼年』の2種類のポスタービジュアルが解禁となった。

松坂桃李が娼夫役! 今年もっともセンセーショナルな映画『娼年』特報解禁

本作は、2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良原作の同名恋愛小説を、2016年の舞台版同様、松坂桃李×三浦大輔コンビで映画化したもの。

松坂扮する主人公の森中領(もりなか・りょう)は東京の名門大学生で、日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。そんなある日、中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじま・しんや)が、美しい女性・御堂静香(みどう・しずか)をバーに連れてくる。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ「Le Club Passion」に入るための試験。入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始めるが…。

本作で女性の体と心が解放されていく物語と同じぐらい大きなウェイトを占めているのが、松坂演じるリョウの成長ドラマ。リョウが娼夫の仕事を通じて、女性たちの欲望を解放していく過程で、彼女たちの心の奥底に潜む思いを受け止め、娼夫としても人としても成長していく姿が描かれていく。

解禁となったポスタービジュアルは、そんな娼夫リョウが夜の街に佇むもの(画像左)。「僕を、買ってください。」というコピーとともに、バックのネオンが非日常的な娼夫の世界に足を踏み入れたリョウを引きたてる。もう1枚のポスタービジュアルは、女性を抱くリョウの姿を捉えたもの(画像右)。「そして僕は、娼夫になった──」というコピーが添えられている。

『娼年』は4月6日よりTOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開となる。






MOVIE Collection