ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

俳優の大杉漣さんが66歳で急死。名脇役として活躍 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 俳優の大杉漣さんが66歳で急死。名脇役として活躍
(2018年 2月 22日)

俳優の大杉漣さんが66歳で急死。名脇役として活躍

『俳優の大杉漣さんが66歳で急死。名脇役として活躍』
大杉漣さん

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  名脇役として数々の作品に出演してきた俳優の大杉漣さんが2月21日午前3時53分に急性心不全で死去していたことが、同日、所属事務所の公式サイトで発表された。66歳だった。

[動画]大杉漣さん「『アウトレイジ』見たよと言われる」と語る/『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミア

この日、公式サイトでは「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と発表。「葬儀は、大杉本人・家族の意向により親族のみで執り行うことになりました。これまでお世話になりました共演者、スタッフならびに関係者、応援してくださったファンの皆様におかれましては、生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。尚、お別れの会は、詳細が決まり次第あらためてお知らせさせていただきます」と綴られ、最後は夫人で所属事務所代表取締役である大杉弘美さんの名前で結ばれている。

大杉さんは1951年9月27日生まれ。徳島県出身。1973年「門」で舞台俳優としてデビュー。1974から88年まで太田省吾率いる転形劇場に所属。1978年に高橋伴明監督作品で映画デビュー。その後、『ソナチネ』(93年)で注目を浴びた。

北野監督作の常連となり『HANA-BI』(99年)、『TAKESHIS'』(05年)、『アキレスと亀』(08年)などに出演。17年9月に行われた『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアでは「いろんな地方に行ったりすると、『アウトレイジ』見たよと言われるが、僕は『1』と『2』には実は出ていません。出ていないんだけど、出てたねと言われると、出てませんと言えなくて。やっと今回、出たよと言えるようになった」と話していた。



MOVIE Collection