ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

兄弟だから似ている、兄弟だから仲が良い−−そんなものは幻想!と痛感させられる『犬猿』 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 兄弟だから似ている、兄弟だから仲が良い−−そんなものは幻想!と痛感させられる『犬猿』
(2018年 2月 9日)

兄弟だから似ている、兄弟だから仲が良い−−そんなものは幻想!と痛感させられる『犬猿』

『兄弟だから似ている、兄弟だから仲が良い−−そんなものは幻想!と痛感させられる『犬猿』』
『犬猿』
(C)2018犬猿製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  ラブコメ、アクション、ホラー……。どんな映画でも、ついつい“子育て”に結びつけて見てしまうママさんライターが、話題作をママ目線で取り上げます!

【ついついママ目線】『犬猿』前編
兄弟だから仲が良いなんてものは幻想

男2人の兄弟、女2人の姉妹を描いたトラジック・コメディと呼びたいヒューマンドラマ『犬猿』がとても興味深かった。

兄弟だからきっと似ている、兄弟だからきっと仲が良い、そんなものはやはり幻想なんだなと思う。逆に、兄弟だからこそ反面教師にして正反対であったり、兄弟だからこそ鼻について嫌ってしまうものだと断言してもいいのじゃないかと、本作を見て思えてきた。同性の兄弟ならなおさらだ。

お漏らししてもチャーミングな名演! 名優が見せる人生の締めくくり

『犬猿』に登場する金山和成は真面目でイケメンの印刷会社の営業マンだけれど、どこか卑屈で自信がない。そんな彼には卓司という対照的な兄がいて、見るからにチンピラでヤバい男だ。強盗罪で服役していた卓司が刑期を終えて、和成のアパートに転がりこみ、案の定トラブルを起こす。

一方、和成の取り引き先の印刷所を切り盛りする磯野由利亜はしっかり者で仕事はできるが、太っていて見目は良くない。しかし、由利亜の妹の真子は勉強も仕事もできないかわりにかわいくて男ウケが良く、本人もそれを心得ていて芸能活動もしている。

この4人の絡み合いのドラマがときに笑ってしまうほど面白く、4人それぞれがハマリ役だ。和成は窪田正孝、兄の卓司は新井浩文、由利亜はお笑い芸人ニッチェの江上敬子、真子は筧美和子が扮し、個性を生かしながら強烈な人間性を感じさせる力演を見せる(後編へ続く…)。

後編「近くにいるからこそ愛憎も深く〜」



MOVIE Collection