ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

高田延彦とヒクソン・グレイシーが振り返る“あの試合”の舞台裏が書籍化 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 高田延彦とヒクソン・グレイシーが振り返る“あの試合”の舞台裏が書籍化
(2017年 10月 11日)

高田延彦とヒクソン・グレイシーが振り返る“あの試合”の舞台裏が書籍化

『高田延彦とヒクソン・グレイシーが振り返る“あの試合”の舞台裏が書籍化』
高田延彦とヒクソン・グレイシー

他の画像はこちらから

『高田延彦とヒクソン・グレイシーが振り返る“あの試合”の舞台裏が書籍化』
高田延彦とヒクソン・グレイシー

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  20年前の1997年10月11日に、総合格闘技イベント「PRIDE.1」で実現した最強プロレスラーの高田延彦と400戦無敗のヒクソン・グレイシーとの頂上対決。結果は高田の敗戦となったこの試合の知られざる物語が、高田、ヒクソンを筆頭とする関係者への延べ50時間以上に渡るロングインタビューをもとに「プライド」というタイトルで書籍化されることが明らかになった。2人のインタビューをもとに執筆された書籍は本作が初となる。

[動画]ダレノガレ明美の仰天ダメダメエピソードを眦脹簓Гジャッジ!

本書は、日本の総合格闘技の礎を築いたこの世紀の一戦が、いかにして実現し、その舞台裏では何が起こっていたのかを、ノンフィクション作家の金子達仁氏が書籍化。

この書籍について高田は「今回は、ヒクソン戦から20年ということで久々に過去の記憶を呼び起こしてみました。日本の格闘技界の扉が開いた一戦と言って頂くこともありますが、正直、20年経った今でも『あの時試合をして良かった』・・・と思える日は一日もありません。未だに私の中では様々な思いを消化しきれていないのです。ただ、今回この本を通して、私からの試合の申し入れをなぜあのヒクソンが受けてくれたのか? それも二回も。その真相が明らかになったことにより、私の心境にも少しずつ変化が訪れています」とコメント。

「1997年10月11日 ただただ強くなりたかった日本の少年と、地球の裏側ブラジルで強くなることが宿命とされ戦い続けることを背負った少年が交わった日。その日に向かって小さな奇跡が運命のように折り重なっていました。私自身、その小さな奇跡がいくつもあったことをこの本で初めて知りました。20年前の10月11日、皆さんは誰と、どう過ごしていましたか? もしかしたらまだこの世に誕生していなかった人もいるかもしれません。ただ、今日という日があるのは様々な人・物・事との運命的な重なりによってあるのだと。この本を手に取って感じて頂けたらと思います」と述べている。

「プライド」(幻冬舎)は12月13日に1500円+税で発売となる。



MOVIE Collection