ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

描いたのは戦いではなく撤退。IMAXカメラを駆使した迫力映像が圧巻! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【週末シネマ】描いたのは戦いではなく撤退。IMAXカメラを駆使した迫力映像が圧巻!
(2017年 9月 9日)

【週末シネマ】描いたのは戦いではなく撤退。IMAXカメラを駆使した迫力映像が圧巻!

『描いたのは戦いではなく撤退。IMAXカメラを駆使した迫力映像が圧巻!』
『ダンケルク』
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS] 
【週末シネマ】『ダンケルク』
「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズも好演

第二次世界大戦初期の1940年、ドイツ軍によってフランス北部の港町に追いつめられた英仏軍40万もの兵士たちをイギリス本土へと撤退させる「ダイナモ作戦」を、陸・海・空それぞれの位置から描いた『ダンケルク』。クリストファー・ノーラン監督がIMAXカメラを駆使した迫力の映像は、観客にまるでその場に放り込まれたような臨場感を体験させる。

精子バンクで一番人気はこの俳優! 知性と好感度を兼ね備えた理想の男性とは?

ダンケルクの市街戦から命からがら浜辺へたどり着き、脱出の時を待つ英国軍の若き兵士・トミー。救出作戦に動員された民間船のドーソン船長と息子、友だちの少年。空から救出作戦を援護する英空軍のパイロット、ファリアー。彼らが体験した、陸からの脱出劇の1週間、海上での1日、上空での1時間という異なる時間軸が共存するのは、これまでも時空を超える展開を得意としてきた監督ならではの手法だ。

冒頭、ドイツ軍に包囲され、ゴーストタウンのように静まり返ったダンケルクの街に銃声が響き渡り、緊張が一気に高まる。救出を待つ兵士たちであふれかえる浜辺にも容赦ない爆撃が続き、焦燥と絶望が広がっていく。トミーは無事にイギリスへの帰還を果たせるのか? 何の武装もなく、それでも救出のためにドーバー海峡を進むドーソン船長たちの行く末に待つものは? 戦闘機のコックピットにいるパイロットは何を思うのか? 戦場で起きているサバイバルとドラマを、時間を軸に描く。ほとんど切れ目なく流れ続けるハンス・ジマーの音楽がサスペンスを盛り上げる。

トミーは数人の兵士と行動を共にするが、その中の1人を演じるのが人気アイドル・グループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズだ。絶大な人気を誇る彼だが、トミーを演じたフィオン・ホワイトヘッドを始めとする無名の若手俳優たちの中に入っても悪目立ちすることなく、群像劇の登場人物の1人として存在している。ホワイトヘッドやドーソン船長の息子役のトム・グリン・カーニーなど本作が映画デビューという新進俳優たちの健闘を、ドーソン船長役のマーク・ライランス、ファリアー役のトム・ハーディーやキリアン・マーフィーと言ったノーラン作品常連組、ケネス・ブラナーといったスターたちがしっかり受けとめ、ドラマを引き締めている。

ノーラン作品には珍しい2時間を切る上映時間だが、一瞬たりとも気を削がれることのない、より濃密な内容だ。今回はいつも以上に、台詞よりも映像に語らせる作品となったが、厳選された言葉の数々は印象深く、特にドーソン船長の語る言葉は時を超えて伝わる戒めとして記憶に残る。もう1つ、冒頭の市街戦で、味方のバリケードに逃げ込んだトミーにフランス兵が投げかけた言葉も忘れられない。その一言は、この映画でほとんど描かれないフランス側の心情を端的に言い表しているようで、耳に残る。(文:冨永由紀/映画ライター)

『ダンケルク』は9月9日より公開される。

冨永由紀(とみなが・ゆき)
幼少期を東京とパリで過ごし、日本の大学卒業後はパリに留学。毎日映画を見て過ごす。帰国後、映画雑誌編集部を経てフリーに。雑誌「婦人画報」「FLIX」、Web媒体などでレビュー、インタビューを執筆。好きな映画や俳優がしょっちゅう変わる浮気性。






MOVIE Collection