ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁
(2017年 5月 19日)

初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁

『初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁』
『月と雷』ポスタービジュアル
(C) 2012 角田光代/中央公論新社 (C) 2017「月と雷」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  直木賞作家・角田光代の同名小説を、初音映莉子と高良健吾主演で映画化する『月と雷』の大人の色香漂うポスタービジュアルが解禁となった。

奥まで入る、初体験!? 市原隼人と高良健吾の発言に監督が「ヤらしい」と突っ込み

角田は、「対岸の彼女」「八日目の蝉」「紙の月」など、現代女性の“人生の選択”を描いた小説の数々が多くの女性から絶大な支持を受けている人気作家。そんな角田の「月と雷」は、“人と出会うこと、そして人を受け入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様”を描き、 「親と子」「家族」「生活」の意味を根源から問いかける作品だ。

泰子は、家と職場を往復する代わり映えのない日々を送り、可もなく不可もない婚約者と結婚の準備を進めていた。そんなある日、父がかつて愛人として連れてきた女・直子の連れ子で、短い期間だが一緒に暮らしたことがある智が、大人になって泰子の前に現れるところから物語は展開していく。

家族愛を知らない主人公・泰子役を『終戦のエンペラー』の初音映莉子。人懐っこくてなんだか憎めない青年・智役を『横道世之介』の高良健吾。さらに世話をしてくれる男性を見つけては、男から男へと各地を流転する智の母・直子役を『終の信託』の草刈民代が演じ、『海を感じる時』の安藤尋監督がメガホンをとる。

解禁となったポスタービジュアルは、自然と体を重ねた2人のバックハグが印象的なビジュアル。“普通”の家族を知らぬまま大人になった2人が、“普通”とは違った関係を通してこの先どこに向かうのか? 『月と雷』は10月7日より、テアトル新宿ほかにて全国順次公開となる。



MOVIE Collection