ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

全盛期のビートルズが目の前にいる! 初聴素材も満載で驚きの連続 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【映画を聴く】全盛期のビートルズが目の前にいる! 初聴素材も満載で驚きの連続
(2016年 9月 23日)

【映画を聴く】全盛期のビートルズが目の前にいる! 初聴素材も満載で驚きの連続

『全盛期のビートルズが目の前にいる! 初聴素材も満載で驚きの連続』
『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』(C)Apple Corps Limited. All Rights Reserved.
(C)White Horse Pictures

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS] 
【映画を聴く】『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』前編
ライヴ・バンドとしての魅力を余すことなく凝縮

いよいよ公開が始まったロン・ハワード監督『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』は、その副題が示すように、ビートルズがライヴ・バンドとして活動した時期にフォーカスしたドキュメンタリー映画だ。先立ってリリースされたライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』(1977年リリースのLP『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』をリミックス&リマスターし、4曲を追加収録したもの)との合わせ技で、初期ビートルズの驚異的な人気ぶりを浮き彫りにする。ちなみにビートルズの公式ドキュメンタリー作品が公開されるのは、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶりのこととなる。

本作の対象になっている具体的な時期は、リンゴ・スター加入直後の1962年8月22日、地元リヴァプールのキャヴァーン・クラブから、66年8月29日のサンフランシスコはキャンドルスティック・パークでのステージまで。しかし単純にビートルズのライヴ活動を時系列で追った記録映画というわけではなく、当時の社会情勢などもていねいに織り込まれており、そのあたりは『アポロ13』で徹底的にリアリズムを追究したハワード監督ならではの手腕が光っている。また、キャンドルスティック・パーク公演以降、レコーディングに専念したビートルズが次々と革新的な録音芸術作品をリリースしたことなどにも駆け足で触れ、グループとして最後のライヴ・パフォーマンスとなった69年1月30日、アップル社屋上での“ルーフトップ・コンサート”で本編が締めくくられる。

僕は9月15日の深夜に行なわれたロンドンのワールド・プレミア生中継 & 先行上映会に参加することができたのだが、その時に劇場で購入したパンフレットを開くと、最初のページに“THE BAND YOU KNOW. THE STORY YOU DON’T.(あなたの知るバンド、あなたの知らない物語)”というキャッチコピーが踊っている。あらゆる角度から検証し尽くされた観のあるビートルズなので、未発表の素材はもうそんなに出てこないだろうと高をくくっていたのだが、フタを開けてみれば初見、初聴の素材がなんと多いこと! 65年12月のロンドン・ハマースミス・オデオンでの「Day Tripper」のライヴや、ジョン・レノンによる「I’m Only Sleeping」のラフなデモ音源など、少しも気を緩めることができない映像と音楽が140分に凝縮されている。

後編「熱狂する5万6000人超のファンの姿までクッキリ〜」に続く…







MOVIE Collection