ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> 映画 >> ジュリー&ジュリア

ジュリー&ジュリア

 メリル・ストリープがカリスマ料理研究家に! 2人の女性が教えてくれる人生の切り開き方

 2009年12月12日より公開

予告編動画
フォトギャラリー
ジュリー&ジュリア
公式サイト

[見どころ]

185センチの長身と底抜けに明るいキャラクターで60年代から人気を博した実在の料理研究家ジュリア・チャイルドと、彼女に触発され、人生を変えようとするニューヨークの冴えないOLのジュリー・パウエル。アメリカ人のための仏料理レシピ本の出版に東奔西走するジュリア、本に掲載された524のレシピを全て調理し、ブログに記録するジュリーの姿を通して、異なる時代に、それぞれの目の前の壁を乗り越えようと奮闘する女性を笑いと涙で描く。実在のジュリアではなく、「ジュリーの思い描く理想像としてのジュリア」という高いハードルの演技をメリル・ストリープが易々とこなし、いつも明るさを失わず、時には夫に甘える姿も愛らしく演じる。ジュリーを演じるのは『ダウト〜あるカトリック学校で〜』でもメリルと共演したエイミー・アダムス。ジュリアの夫を演じるのは、『プラダを着た悪魔』でメリルとの名コンビを見せたスタンリー・トゥッチ。監督は、『ユー・ガット・メール』など、現代に生きる女性のリアルな心の機微をしっかり描き、圧倒的な人気を誇るヒットメーカー、ノーラ・エフロン。『24−TWENTY FOUR−』のクロエ役でおなじみのメアリー・リン・ライスカブが、主人公の親友役で出演しているのも見どころのひとつ。

[ストーリー]

1949年、甲高い声に185センチの長身の外交官夫人ジュリア(メリル・ストリープ)は、夫の赴任先のパリでフランス料理の魅力にとりつかれ、料理学校「ル・コルドン・ブルー」のプロ養成コースに通い始める。持ち前の好奇心と探求心でめきめき腕を上げたジュリアは「アメリカ人向けのフランス料理レシピ本」を執筆中の女性たちと意気投合し、プロジェクトに参加。紆余曲折の末に本は出版される。それから50年後のニューヨーク。小説家になる夢を諦め、公共機関でOLをしているジュリー(エイミー・アダムス)は、理解ある優しい夫エリック(クリス・メッシーナ)に不満はないが、人生を変えたいと漠然と考えていた。そんなある日、料理好きの彼女は、幼い頃から憧れていたジュリア・チャイルドの料理本に掲載されている全524のレシピを1年間で全て調理し、ブログにアップしていくことを思いつく。

[スタッフ・キャスト]

[製作]ローレンス・マークエイミー・ロビンソン
[監督・脚本・制作]ノーラ・エフロン
[原作]ジュリア・チャイルドジュリー・パウエル
[出演]メリル・ストリープエイミー・アダムススタンリー・トゥッチクリス・メッシーナリンダ・エモンドメアリー・リン・ライスカブ
[原題]JULIE & JULIA
[DATA]2009年/アメリカ/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/123分

[フォトギャラリー]