ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> 映画 >> SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマト

 伝説のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を木村拓哉主演、『ALWAYS三丁目の夕日』の山崎貴監督で映画化

 2010年12月1日より公開

SPACE BATTLESHIP ヤマト
フォトギャラリー
SPACE BATTLESHIP ヤマト
公式サイト

[見どころ]

1974年に放映されて以来、長きにわたり愛されてきたテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督が実写映画化。滅亡の危機にさらされた地球を救うため、宇宙の彼方のイスカンダル星を目指す宇宙戦艦ヤマトの乗組員たちの旅を描く。ヤマトの戦闘指揮にあたる主人公・古代進を木村拓哉、女性エースパイロットの森雪を黒木メイサ、ヤマトの艦長・沖田を山崎努が演じるほか、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行らが出演。監督自らが演出にあたり、製作期間に8カ月を費やした本編65分にも及ぶ約500カットのVFXにより、ダイナミックな映像で迫力に満ちた物語が展開する。主題歌はエアロスミスのスティーヴン・タイラーが本作のために書き下ろし、歌う「LOVE LIVES」。

[ストーリー]

2194年、外宇宙に突如として現れた正体不明の敵・ガミラスが地球へ侵攻、世界各国は力を合わせて防衛するも、全軍は壊滅し、ガミラスが投下した無数の遊星爆弾によって人類の大半は死滅した。5年後、遊星爆弾の放射能で汚染された地球に生き残った人々は地下生活を強いられていた。そのなかにはガミラスとの戦いで家族を失い、失意のなかに生きるかつてのエースパイロット、古代進(木村拓哉)の姿もあった。そんなある日、地球に未確認物体が落下、それは14万8千光年彼方のイスカンダル星から放たれた通信カプセルだった。カプセルの情報により放射能除去装置がある事実が明らかになり、地球防衛軍は宇宙戦艦ヤマトを建造。戦場への復帰を決意した古代はヤマトの戦闘班班長として、仲間と共にイスカンダル星へ向かう。

[スタッフ・キャスト]

[監督・VFX]山崎貴
[脚本]佐藤嗣麻子
[音楽]佐藤直樹
[撮影]柴崎幸三
[原作]西崎義展
[出演]木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、橋爪功、池内博之、マイコ、山崎努
[DATA]2010年/日本/東宝/138分

[フォトギャラリー]