ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『プリズン13』堀田真由インタビュー

今年は7本の映画に出演! 注目の若手女優が人格破壊の衝撃作を語る

『プリズン13』堀田真由インタビュー
主演作は、ほかの作品とはやっぱり責任感が違った

『プリズン13』
2019年8月30日より全国公開
(C)2019「プリズン13」製作委員会
「どんどんかっこ悪くなっていこうと思いながら演じていましたね」。心理実験で極限状態に置かれた人間たちの姿をスリリングに描く、8月30日公開の主演作『プリズン13』での芝居を笑顔で振り返るのは、今年だけで6本の出演映画が公開を迎える女優・堀田真由だ。

カメラを向けると多彩な表情を見せてくれる彼女は、放送中のドラマ『べしゃり暮らし』にも出演中で、令和の映画・ドラマ界において、重要な存在になっていくであろう若手女優の1人。そんな堀田に、本作に込めた思いや撮影の裏話、そして影響を受けたベテラン俳優の言葉や、自身が目指す女優像などについて語ってもらった。


──『プリズン13』は、アメリカのスタンフォード大学で実際に行われ、あまりの危険性に中止を余儀なくされた「スタンフォード監獄実験」をベースにした物語になっています。特殊な状況下に置かれた人間がネガティブな側面を露呈していく心理学実験の様子が鮮烈に描かれていますが、主人公で被験者の1人として、看守・囚人の両方の立場に置かれるマリを演じていかがでしたか?

堀田真由
堀田:私自身は常に起伏が激しいわけではないので、本作で描かれるような極限状態に置かれたときに、内向的だった性格なのに、うわー!って声を出しちゃったりとか、思っていることを伝えたりとか、ここまで人って変わるんだなというところは、すごく楽しめましたね。

──実験が進むごとに、キャラクターたちの感情の起伏が激しくなっていきますよね。気持ちの入れ方が大切になってくるのかなと思うのですが。

堀田:最初は違ったのですが、やっぱり順撮り(脚本の流れに従って撮影する方法)にしてくださいとお願いをして変えていただきました。看守から囚人に変わるタイミングでマリが見せる変化は本作の見どころでもありますし、すごく大切にしたかったので、順撮りにしてくださったんです。流れ的には、すごく演じやすかったですね。

──実験の途中で、看守から囚人に役割が変わるマリの気持ちと、シンクロしていくような感覚はありましたか?

堀田:看守から囚人になるタイミングで、囚人の服を着た時に、ちょっとニヤッとしている瞬間があるんですけど(笑)、それは監督が指示をしてくださったんです。余裕ではないですけど、「ちょっとニヤッとしてみよう」と。実際に看守でいることが、マリにとっては辛いことで、私自身も撮影が続いていく中で、囚人になるタイミングでは、気持ち的にすごく楽な部分がありました。

──主演をつとめるのは、本作で3作目ですよね?

堀田真由
堀田:短編で一度主演をさせていただいています。長編でも一度させていただいて、そして今回だったので、短編も含めると3作目ですね。

──キャストでは最年少ということでしたが、主演として、現場ではどう振る舞おうと心がけていました?

堀田:今回の出演者の中で、一番年下だからこそ、役として、芝居の中で遠慮する気は絶対になかったんです。そのなかで皆さんも「来い!」と言ってくださって、すごくやりやすかったですね。その分、監獄にいないときは、みなさんに楽しいお話を自分から振ってみたり、空気を盛り上げるということを、ほかの作品以上に考えていました。
 ただ作品のテイストは深いので、ずっと楽しいままでいたら、主人公としても座長として良くないことだなと思っていたので、監獄に入ったら皆さんのボルテージが上がるように、自分から声を張り上げてみたり。「ここはこうしたいです」と言ってみるとか、そういう意識は、ほかの作品とはやっぱり責任感が違いましたね。

──先輩俳優との共演や、主演としての自覚。そういったものを積み重ねて作り上げた本作への出演は、堀田さんの女優業においてどんな面でプラスになったのでしょう?

堀田真由
堀田:このお仕事を始めてちょうど5年目になるのですが、これまで主人公を2回演じさせていただいて、今回が3回目ということで、主人公を演じるのがすごく久しぶりだったんです。先ほどのお話と重複するんですけど、改めて責任感というものについて考える時間や、役者として色々なことを考える時間でもあったので、今後の作品で演じるのが主人公じゃなくても、もっともっと「主人公を支えてあげよう」という気持ちになると思うんです。やっぱり、真ん中に立つということを経験できたことは、今後の役者業としても、大きいんじゃないかと思います。

──ちなみに、もしマリのように実験に参加した場合、堀田さんは看守と囚人のどちらを選びますか?

堀田:私は看守ですね(笑)。

──看守がいいと思うのは、お芝居をした上ででしょうか?

『プリズン13』
(C)2019「プリズン13」製作委員会
堀田:お芝居をする上では、囚人のほうが若干、楽でした(笑)。囚人の服装はワンピースで、看守の方は結構きっちりしていて常に足を出していたりしたので、そういう部分でも囚人のほうが楽でしたね。ただ個人的に狭い空間が得意じゃなくて。あと囚人は、あまりおいしいご飯が食べられなかったりするので(笑)。やっぱり、看守は自由も多少ありますし、冷凍とはいえハンバーグを食べられるわけじゃないですか(笑)。なので、看守がいいかなという感じですね。

──囚人は看守によって様々なものを制限されていきますが、堀田さんが制限されたら困ってしまう、自分にとって欠かせないものはありますか?

堀田:……お肉を食べることじゃないかな(笑)。やっぱり。ふふふ。お肉は好きなので、週5とかでも行っちゃったりするんですけど、食べるなって言われたら、ちょっときついかな(笑)。

──週5ですか!? どういうお肉がお好きなんですか?

堀田:赤身系がすごく好きです。

──週5でお肉を食べている女優さんとは思えないスタイルだと思います。

堀田:いやいやいや……。お肉を食べた次の日の方が、けっこうコンディションが良くて。自分の体質に合っているのかもしれないですね。

(2019/08/29)


【関連記事】



堀田真由
ほった・まゆ

1998年4月2日生まれ、滋賀県出身。2015年にWOWOWの『連続ドラマW テミスの求刑』で女優デビュー後、NHK連続テレビ小説『わろてんか』(17-18年)をはじめドラマ『チア☆ダン』(18年)、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(19年)などに出演。現在放送中のドラマ『べしゃり暮らし』では、主人公の幼馴染・土屋奈々を演じている。19年は本作のほか『あの日のオルガン』『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』『超・少年探偵団NEO -Beginning-』『殺さない彼と死なない彼女』『ブラック校則』の6本の出演映画が公開される。

MOVIE Collection