ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『アンダー・ユア・ベッド』西川可奈子インタビュー

ハードな役にも果敢に挑む! 実力派女優が語る“覚悟”

『アンダー・ユア・ベッド』西川可奈子インタビュー
あの張り詰めた空気感は強烈に残っています

『アンダー・ユア・ベッド』
2019年7月19日より全国順次公開
(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
体当たりの熱演」という言葉はよく用いられるものだが、7月19日に公開を迎える映画『アンダー・ユア・ベッド』で西川可奈子が見せた芝居は、この形容では表現しきれないほどに力強い。

高圧的かつ暴力的な夫からのDVに苦しみながら、我が子を守ろうと必死に生きるヒロインを演じた西川に、被虐的な女性を演じることの意義や、女優としての原点、これからの展望について話を聞いた。


──今回演じられたのは、夫から凄惨なDVを受けるヒロインの佐々木千尋/浜崎千尋です。マドリード国際映画祭で主演女優賞にノミネートされた映画『私は絶対許さない』でのお芝居も記憶に新しいところですが、被虐的な女性を演じることの魅力や意義は、どこにあるのでしょうか?

西川:こういう役どころって、なかなか演じるチャンスがないと思うんです。被害と言いますか、DVやレイプといった悲惨な芝居って、リアクションが大事だと思うんですけど、そういったものは相手があってのことなんですよね。こういう役って撮影期間中はとても苦しいんですけど、しんどいからこそ、すごくやりがいを感じます。お芝居自体は、どの役にも精一杯取り組むことには差はなくて、被害者だから、痛みがあるからと言って、特にお芝居の方法が変わるわけではなく、リアクションが多くなるだけだと、私は思っていますね。

──メガホンを取った安里麻里監督や、凄惨なDVを繰り返し行う千尋の夫・浜崎健太郎役の安部賢一(あべけんいち)さんとは、どんなディスカッションを?

『アンダー・ユア・ベッド』
(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会
西川:夫婦のバックボーンというものを、3人で話し合いました。どういった経緯で、劇中で描かれている関係になったのかということをしっかり考えていないと、普段の生活感が出ないので。2人は初めからこういった夫婦だったわけではなく、健太郎の過去や千尋の家族関係、そういうことも関係して「今」に至る。そういった部分はちゃんと共有しました。緊張感はかなり大事にしたと言いますか、今にも細い線がぷちっと切れてしまうんじゃないかというぎりぎりのところで、千尋は毎日を過ごしているので、そういった部分が画面を通して伝わるように、緊張感・緊迫感を大切に空気を作ったという感じですね。

──殴られ、蹴られ、引きずり回されるにとどまらず、浴槽に頭を沈められるなど、かなり激しいシーンに挑まれています。クランクアップを迎えたときのお気持ちは?

西川×:そうですね。「終わったぁ〜」と(笑)。でも本当に、私が思う以上に皆さんが心配してくださっていました。今回のオールロケでは、地方で2週間、缶詰め状態だったんですが、それも千尋としての精神状態や身体を心配してくださってのご配慮だったので、その環境はとてもありがたかったです。やはり集中して取り組めましたし、そのことだけを考えて過ごせた2週間だったので、その環境をいただいて、本当にありがたかったですね。皆さんは「大丈夫?」と心配してくださるんですけど、本人は意外とケロッとしているものなんですよ(笑)。

──そうなんですか?

西川可奈子
西川:本当に! だから「終わったぁ〜」と感じるともに「ああ、終わったのか……」とも感じたんです。「今日で千尋が演じられなくなる」って、なんか寂しかったんですよ。なので打ち上げの時に「幸せでした」と言ったら、皆が「えー!!」「本当に!?」と驚いてました(笑)。「いや、本当に!」と伝えたんですけど、皆さんは本当に常に心配してくださっていましたね。

──劇中では、高良健吾さんが演じた主人公・三井直人が、大学時代に一度だけ優しく接されたことがきっかけで千尋を愛するようになり、その愛が暴走した結果として、千尋の暮らしを監視するようになります。ラストでは、そんな三井の千尋に対する想いが、ある意味で救われることとなるわけですが、2人の関係性についてはどんなことを感じていました?

西川:三井くんにとって、千尋という存在は唯一の生きがいだったと思うんです。千尋も、張り詰めた環境の中で生活していくうえで「誰か」(=三井くん)の存在というのは、かなり大きかったと思うんですよ。それが「誰か」ということは、千尋にははっきりわからなくても「誰か」が私を見てくれている。ただそれだけで、どれだけ千尋が救われたか……。その人と関係や面識がなくて説明できない関係性ですけど、2人の中では成立していたというか、大切な存在だということは、お互いどこかで分かっていたんじゃないでしょうか。

──高良さんとは役柄について何かお話されましたか?

西川可奈子
西川:それが、役についてや、どう芝居するかということは、一切話さなかったんです。高良さんは、その場の空気感や現場で生まれるものを大事にされる方なので。私も、そちらの方がうれしくて、事前に演技プランを固めていくよりも、現場の雰囲気や高良さんが演じる三井くんの表情で、演じる空気を作っていったという感じですね。

──「目をそらせない」と感じるシーンがたくさんありました。西川さんが特に印象に残っているシーンは?

西川:印象深いシーンは本当にたくさんあるんですけど、健太郎との関係性がひと目でわかるシーンがあって・・・・・・。その画は身体暴力よりもきついシーンだと感じましたね。その時の千尋の表情は、もう……。
セリフも頭にこびりついています。そう言わなきゃ後でもっと酷いことに遭うかもしれない。2人が対峙した、あの張り詰めた空気感は、私の中では何よりも強烈に残っています。
 あとは、高良さんの表情ですかね。今まで高良さんの作品は幾つも見てきましたけれど、「あ、こんな表情をされるんだ。高良健吾さんって」という、初めて見る表情でした。繊細な、色々な表情をしてくださったので、自分が見えていないところで「あ、こんな表情をしてくださっていたんだ」ということを、完成した映画を見てわかったというか……。改めて「すごい役者さんだな」と思いましたね。

──非常にタフな撮影を乗り越えて完成した本作での経験は、女優としてのご自身に、どんな面でプラスをもたらしましたか?

西川可奈子
西川:撮影では毎度、覚悟を決めて挑んでいますが、今回は振り切った感がありました。とにかく、監督の熱量が本当にすごい現場だったんですね。監督だけでなく、スタッフさんやキャストの皆から「勝負するぞ!」という空気感が、現場中に漂っていたというか。言葉で説明できない、そういった空気感があったので、この監督が言うことには、このスタッフさんたちが求めることには「全力で応えたい!」と、心から思ったんです。「お願いできますか?」と言われたら「やります!」と。本当に心を決めて「何を言われても大丈夫」という覚悟が、今回新たに生まれたなという思いがありました。
 それは、女優・西川可奈子にとっても、大きな自信につながったと言いますか「これができた。じゃあ次は、何でもできるだろう」と思うようにしました。「怖いものはないのかな」という思いが、固まってきたというか。あとは、見せ方などをいろいろと研究しながら、魅力的に見える女優になりたいです。やっぱり、今回は必死な部分が多くて余裕がなかったので。

──チャレンジ精神が豊富な西川さんですが、女優としての原点はどこにありますか?

西川:ミュージカルや商業舞台を、小さな頃から見ていたんです。自分がまさかやるとは思っていなかったんですけど、表現することの楽しさというのは、ある時に目覚めて。それはコンテストだったんですけど、その場で自分が表現したことで、周りの人が評価してくださって。それで賞をいただいたときに「もっと自分で表現していきたい」という思いが固まって、まずは舞台に立とうと思ったんです。
 それで、大阪から東京に出てきて。といっても何のつてもないので、オーディションに通いながら、まずは現場で一から全てを学んでいったという感じです。とにかくお芝居することとは無縁だったんですけど、そういったきっかけで、最近は映像の方にチャンスをいただくようになりました。もともとは、映像もやりたいとずっと思っていたんです。遅いスタートですが、映像の方を頑張らせていただきたいなと思っています。

(2019/07/17)


【関連記事】



西川可奈子
にしかわ・かなこ

大阪府出身。舞台女優としてキャリアをスタートさせ、「TSUCHI-GUMO〜黄昏の血族、暁の王」(10年)、 「Letter」(11年)、 「荊姫」(13年)、『オルゴール〜ただ一途に〜(16年)、ミュージカル「白雪姫」(17年)などに出演。和田秀樹監督の映画『私は絶対許さない』(18年)では、15歳の時に集団暴行を受けた過去を持つヒロインを熱演し、ノイダ国際映画祭審査員特別賞を受賞したほか、マドリード国際映画祭では主演女優賞にノミネートされた。

MOVIE Collection