ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『新聞記者』シム・ウンギョン×松坂桃李インタビュー

官邸の圧力、事実のもみ消し…メディアと権力の攻防を描く衝撃作にW主演

『新聞記者』シム・ウンギョン×松坂桃李インタビュー
松坂さんとは、お互いに芝居のキャッチボールができた(シム・ウンギョン)

『新聞記者』
2019年6月28日より全国公開
(C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
真実を追求しようと猛進する女性記者の姿を通して、メディアと権力の攻防を描く『新聞記者』。

望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、昨今の日本を騒がせた数々の出来事を想起させる物語で女性記者・吉岡を演じるのは『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』などで知られる韓国の人気女優、シム・ウンギョン。日本での活動も本格的にスタートさせた彼女は全編日本語で演じている。一方、内閣情報調査室で現政権に不都合なニュースのコントロールに従事する若き官僚・杉原を演じるのは松坂桃李。公務員としての理想と現実の任務の板挟みとなるエリートの葛藤を迫真の演技で表現する。

人気、実力ともに同世代の先頭に立つ2人に話を聞いた。


──本作はフィクションですが、この何年かで実際に日本で起きたことともリンクする内容もあり、かなり攻めた作品だという印象を持ちました。人気スターという立場のお二人があえてこういう作品に出演しようと思った理由を聞かせてください。

シム・ウンギョン(左)と松坂桃李(右)
松坂:純粋には僕は3つあって、まずウンギョンさんと一緒に共演できること、藤井(道人)監督と一緒に仕事ができること、もう1つはやっぱり脚本です。エンターテインメントとしても、サスペンスとして面白いと思いました。

──リスクがあるとは思いませんでしたか?

松坂:そうですね。でも映画を見ると、ちゃんと自分自身に問いかける内容になっていると思います。伝えるべきものがちゃんとこの作品にはあるので、それを真っすぐに。いろいろ気にするより、ちゃんと真っすぐに伝えたいという思いの方が強かったです。

シム:私も松坂さんと同じ考えです。映画のジャンルとして、こういう作品もありだと思うので。サスペンス・エンターテインメント映画だと感じています。 今の時代の社会的なものも描いていますが、私は『新聞記者』という映画は人間の話だと思っています。映画の中のこの2人のような人間がきっとこの世の中にいると思うんです。それがちゃんと見えたのが、やりたいと思うきっかけになりました。台本を読んで、難しいテーマを分かりやすく書いてあるのもすごく良かったです。

──共演の感想をお聞きしたいです。

シム・ウンギョン
松坂:すごくうれしかったです。

シム:私も。

松坂:純粋に。

シム:うれしかったです。

松坂:ご本人がいるのを前にして何か言うのはちょっと照れくささみたいなものはあるんですけど。前から映画で拝見していた女優さんで、共演できるチャンスが来ると思ってなかったので。今回は本当ににいい時間を過ごせたなと心から思います。刺激がいっぱいでした。ウンギョンさんは監督の言葉によって、しなやかに変わっていきます。毎回本番ごとに微妙な変化といいますか、周りに落ちているヒントを吸い取ってそれをすぐに表現に変える、その瞬発性を目の当たりにできたのは、僕にとってはものすごくいい刺激でしたね。

シム:ありがとうございます。私は松坂さんのドラマ『ゆとりですがなにか』を拝見して、その後いろんな作品も見て、シリアスな顔とか、いろんな芝居ができる方だと思ったんです。私も共演できるなんて想像もしていませんでしたが、本当に好きな俳優さんなので、深いメッセージを持つ、意味ある作品で共演ができるのがとてもうれしかったです。
 松坂さんは芝居に対してすごく真面目な姿勢を持っている方だと聞いていたんですが、実際に共演してみて、本当にそうだと思いました。お互いに芝居のキャッチボールというか、それができたと感じました。
 そういう意味ですごく松坂さんにいろいろ助けてもらいました。ありがとうございました。

シム・ウンギョン(左)と松坂桃李(右)
松坂:いや、こちらこそありがとうございます。ウンギョンさんは表情一つでいろんな感情が伝わってくるんです。実際に一緒にお芝居したときにさまざまな感情……迷いや決意、吉岡の強さとか、一気に伝わってくるのがすごいなと思いました。

シム:松坂さんはどんな役でもオーソドックスな芝居じゃなく、松坂さんが理解したものを表せる表現者だと思いした。それぞれのキャラクターがご自身のことみたいな、そういう芝居です。その芝居の自然さに私も刺激をもらいました。

──お二人が演じた吉岡も杉原も、行動を起こす原動力は正義感だと思いました。ご自身が何か行動を起こすときに原動力になるものは何でしょうか?

松坂:行動を起こす……。興味が強いかもしれないですね。例えば、この監督とやってみたいという興味。その監督と仕事するためにはどういうプロセスを踏んでたどり着けるかを考えます。たとえ時間がかかったとしても、その思いが強ければ強いほど、その行動を持続させる力がちゃんと付いてくるというか。興味や関心だったり、好奇心みたいなものが大きいかもしれないですね。

──好奇心は強いほうですか。

松坂:そこまで多方向にいっぱいアンテナを張っているわけではないですけど、何かに興味を持つと、ちょっと調べてみたい、直接会ってみたい、触れてみたいというのはあります。

──藤井監督とも一緒にお仕事をしたかったそうですが、実際一緒に組まれてみていかがでしたか。

松坂:非常に印象的な画も撮ります。毎回カメラマンさんとすごく話しながら画を作ったり。かつ、お芝居の中でもディスカッションもあったり、その現場を生き物として捉えているような感じです。

──年齢も近いですね。

『新聞記者』
(C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
松坂:より一緒に作ってる感が強いかもしれないです。今回カメラマンさんも僕と同い年なんです。撮影期間もすごくタイトだった分、一緒に作っていこうという熱量みたいなものはより強かったかもしれないです。

──ウンギョンさんの原動力は何でしょう?

シム:まず、仕事の前にご飯を食べなきゃいけない(笑)。ご飯です。お米。

松坂:それは大事(笑)。大事だな。

シム:私も何かに興味を持つと、いろいろなところで調べたり、YouTubeを見たり、ずっと1日探したりしてます。気になることが多くて、飛び込みでよく質問します。例えば知らない漢字があったら、「これは何て読みますか?」と。質問がとにかく多くて。多分周りの方々はうるさいと思っているかもしれないですけど。

(2019/06/26)


【関連記事】



シム・ウンギョン

1994年5月31日生まれ。韓国ソウル特別市出身。04年にドラマ『張吉山』でデビューし、子役として活躍。『ファン・ジニ』(06年)で主人公の幼少期を演じてKBS演技大賞青少年演技賞を受賞。映画では『サニー 永遠の仲間たち』(11年)で高校時代の主人公を演じ、『怪しい彼女』(14年)で第50回百想芸術大賞・最優秀主演女優賞など数多く受賞。近年の映画出演作は『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16年)、『サイコキネシス-念力-』(18年)。2019年4月〜5月に日本で舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」に出演。箱田優子監督の映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日公開予定。

松坂桃李
まつざか・とおり

1988年10月17日生まれ。神奈川県出身。09年に『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビュー。11年に映画『僕たちは世界を変えることができない』『アントキノイノチ』の2作で第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。『テレビドラマやCM、舞台など幅広く活躍する。主な映画出演作は『ツナグ』(12年)、『日本のいちばん長い日』(15年)、『湯を沸かすほど熱い愛』『彼女がその名を知らない鳥たち』(共に17年)、『不能犯』『娼年』『孤狼の血』(全て18年)、『居眠り磐音』(19年)など。石川慶監督の『蜜蜂と遠雷』が10月4日公開予定。

MOVIE Collection