ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』山本舞香インタビュー

「結構人見知り」な彼女が坂口健太郎らとすぐに仲良くなれた理由は?

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』山本舞香インタビュー
うちの家族はとにかく仲が良くて、岩本家とは真逆な感じでした

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
2019年6月21日より全国公開
(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会  (C)マイディー/スクウェア・エニックス
ゲーム好きの青年がブログにつづっていた日記を映画化した『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』。突然会社を辞めた父の本音を知りたい息子が、正体を隠してオンラインゲームで父親と共にプレイすることで、交流を図る姿を描いたハートフルストーリーだ。

本作で、吉田鋼太郎演じる父・暁の娘で、坂口健太郎扮する兄・アキオの妹・美樹を演じているのが女優の山本舞香だ。原作にはないオリジナルキャラクターを演じた山本が、作品の見どころや、「超仲がいい」という家族について語った。


──美樹は映画版オリジナルキャラクターでしたね。

山本舞香
山本:そうなんです。だからかなり自由に演じさせていただきました。野口(照夫)監督にも、普通のお父さんと娘の感じが出せたらいいなと思って、いろいろとアイデアを提案させていただきました。

──具体的にはどんなアイデアを?

山本:家族のなかでもムードメーカーになっているのが私と(財前直見演じる)お母さんだったので、楽しい雰囲気を出せたらいいなと思っていました。お兄ちゃんとお父さんの間で、お互いの伝えたいことを私が伝達するシーンの動きや、お兄ちゃんがお父さんにゲームを教えてあげているシーンで美樹が写真を撮っているのはアドリブなんです。そういったことをやりやすい雰囲気の現場でした。

──和気あいあいとした現場だったのですね。

山本:私は結構人見知りで、初対面の人とは2週間ぐらいたたないと仲良くなれないのですが、坂口さんや鋼太郎さん、財前さんとはすんなり家族っぽくなれましたね。

──すんなり入れたのはなにか理由が?

山本舞香
山本:家族という関係性なので、私が頑張ってめっちゃ話しかけたというのはありましたが、それでも坂口さんは、すでにどこかの現場でご一緒したことがあるような話しやすい雰囲気はありました。鋼太郎さんは共通の知り合いが結構いたので、その部分でも話しやすかったのかもしれません。

──岩本家という家族にはどんな印象を持ちましたか?

山本:佐藤隆太さんが演じた吉井のセリフに「家族でも他人だから」というのがあったのですが、確かにそうだなと思いました。うちの家族はとにかく仲が良くて、岩本家とは真逆な感じだったのですが、一般家庭はこんな感じなのかなと……。だから演じていて新鮮で楽しかったです。

──美樹とお父さんの関係はどんな印象を持ちましたか?

山本舞香
山本:途中結構こじれてしまう部分はありますが、基本的に美樹はお父さんのことが嫌いじゃないし、喧嘩したことによってお互い成長できた部分もあるし……。普通のいい関係なんじゃないですかね。

──「ファイナルファンタジー」というゲームで父と息子がつながっていくストーリーですが、山本さんはゲームをやりますか?

山本:普段やらないのですが、撮影中ゲーム機を買ったんです。でも接続とか難しいだろうなと思うと、そこで止まってしまうんです。お父さんみたいにドライバーは持ってきませんけど(笑)。

──ゲーム上のデートとかもロマンチックですね。

山本舞香
山本:私は(ゲーム上でのデートは)ないですね(笑)。でも海とか映像がものすごくきれいなので、ロマンチックではありますね。(佐久間)由衣ちゃん演じる里美は、すごく純粋で、気になる人と会話するためにゲームを始めるなんていうのは、めちゃくちゃ可愛いなと思いますね。

──吉田さんとのお芝居はいかがでしたか?

山本:めっちゃ面白いんです。普段無口なのに、背中ごしにクイズに答えていたり、コントローラーに向かってありがとうございますっていうシーンだったり……。後ろでゲラゲラ笑っていました。美樹を演じる上でも、すごく自然に馴染めました。

(2019/06/21)


【関連記事】



山本舞香
やまもと・まいか

1997年10月13日生まれ、鳥取県出身。2011年に連続ドラマ「それでも、生きてゆく」で女優デビュー。その後、ドラマや映画に精力的に出演し、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18年)やドラマ『チア☆ダン』(18年)では、友情に熱い女子高生を演じ、高い評価を得る。待機作には『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)などがある。

MOVIE Collection